無料の会員登録をすると
お気に入りができます

顔タイプ別似合う眼鏡の選び方&この秋注目のフレーム<6選>

ライフスタイル

その眼鏡、貴方の顔に合ってますか?

photo:Shutterstock

ただ視力を矯正するためだけでなく、ファッションアイテムの一つとして定着している眼鏡。おしゃれなフレームを素敵に身に着けている女性も多いですよね。でも、フレームのデザインは気に入ったのに、掛けるとなんだかしっくり来ない。眼鏡を掛けると、どうも野暮ったく見える…など、なかなか似合うメガネに出合えない、というお悩みを抱えている方もいるのでは?

そこで、中目黒の眼鏡店「PROPS(プロップス)」のスタッフに、自分に似合う眼鏡を選ぶコツをお聞きしました。この秋冬におすすめのフレームも合わせてご紹介します。

似合う眼鏡を選ぶためのポイントとは

photo:Shutterstock

PROPSでは、一般的に言われる顔の形と眼鏡のデザインとの相性はあまり気にしないように、とお客様に伝えているそう。大事なのは、実はサイズ感なのだとか。注目すべきは顔幅と、瞳孔間距離。瞳孔間距離(PD)とは、右目の黒目の中心から左目の黒目の中心までの距離を測ったもの。日本人女性の平均は60mmとされていますので、それを基準に自身の瞳孔の距離が狭いか広いかを判断してみてください。

レンズの横幅に対して、瞳の位置が真ん中に来るのが自分に合った眼鏡なのだそう。顔幅が広めの人はフレームのフロントの横幅が大きめのものを、顔幅が狭めの人はその逆を選ぶと良いでしょう。また瞳孔の距離が広い人はレンズの横幅が大きいものや、鼻にかかるブリッジが広めのタイプを。こちらも瞳孔の間が狭い人はその逆を選んでみてください。顔幅や瞳孔間が平均的な人は、それらの中間ぐらいを意識してみましょう。

photo:Shutterstock

その他、上下に幅のあるフレームは黒目がレンズの縦幅に対してセンターより少し上の位置に、フレームの上下幅が狭めなら黒目がレンズのセンターに来ているのが正しい位置です。
適正な位置で掛けないと似合わないだけでなく、頭痛や肩こりを引き起こしたり、視力に影響が出ることもあるそうなので、しっかりとチェックしてくださいね。

この秋冬はクラシックで華奢なデザインに注目

photo:PROPS

自分の顔のタイプと眼鏡の正しい掛け位置が分かれば、あとはそれに合わせてフレームを選ぶだけ。では今の時期に購入するとしたら、どんなデザインが良いのでしょう。
PROPSでは、この秋は昨年から継続してクラシックなデザインが人気なのだそう。よりラインが細く、繊細なつくりのものや華奢なメタル素材を購入する方が多いのだとか。クラシックなデザインであれば、秋冬のシックな装いとも相性が良さそうですし、ビジネスシーンでも違和感なく身に着けられそうですね。

それでは顔のタイプ別に、この秋冬におすすめの眼鏡をご紹介していきます。

顔幅狭め~平均的、瞳孔間が狭め~平均的な顔タイプ

photo:PROPS

顔幅が狭め~平均的・瞳孔間が狭め~平均的なタイプの方は、小顔で愛らしい印象ですが、大きめのフレームを掛けると、顔のパーツが中心に寄って見えたり、眼鏡がずり落ちてきてしまうことも。そんな方におすすめのフレームはこちら。

写真左は「CLAYTON FRANKLIN(クレイトンフランクリン) CF‐643」。クラシックでトラディショナルな雰囲気を感じさせます。男性にも人気のデザインですが、こちらは全体的に小さめのサイズ感で、小顔の女性も掛けやすいフレームです。

写真右は「CLAYTON FRANKLIN CF-603」。縦幅のあるラウンドフレームですが、細めのラインが古臭くならずスタイリッシュな印象を与えてくれます。大きめのレンズに見えますが、鼻に掛かるブリッジやフロント全体の幅が狭めなので、小顔の方でも顔から眼鏡がはみ出す心配がありません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ