無料の会員登録をすると
お気に入りができます

華やかで色っぽい♡秋冬ファッションと相性抜群「編み下ろし」9選

ヘアスタイル

秋冬は「編み下ろし」がおしゃれ♡

ハイネックニットやストールを恋しく感じる日が増えてきましたね。そんな、首元が詰まったクラシカルなファッョンアイテムには、顔や首周りをスッキリ見せてくれる「編み下ろし」スタイルでまとめるのが正解!

「編み下ろし」は、お顔をスッキリと見せつつも、華やかな後ろ姿が好印象。毎日のスタイリングはもちろん、結婚式やパーティーのセルフヘアにもピッタリ。意外に簡単なので、この機会に、ぜひ挑戦してみてくださいね♡

編み技だけで完成♡

①三つ編み×2

ヘアアクセ映え抜群の、ふたつの三つ編みで作る清楚な編み下ろし。後頭部のふんわり感をキープする秘訣は、上下に分けて作った三つ編み。お互いをねじり合わせることで、編み目が絡みへたれにくくなります。

①全体を上下に分け、上半分を三つ編みしながらほぐす。
②下半分をサイド寄りで三つ編みにしながらほぐす。
③2本の三つ編みをねじり合わせて束ねる。

②ロープ編み×2

ユルッとした毛流れが大人っぽい、ロープ編みの編み下ろし。毛束をねじり合わせるだけなので、不器用さんでも失敗知らず。髪が滑りやすい直毛さんは、スタイリング剤をしっかりなじませておくと◎!

①耳上の髪をロープ編みにし、ゴム留めする。
②残りの髪とロープ編みにした束を、最初と逆回転でロープ編みにする。(逆回転にすることで“ねじれ”が崩れにくくなります)
③全体をほぐす。

③くるりんぱ×5

「~編み」は苦手、でも編み下ろしは挑戦してみたい…。それならこちらのアレンジがオススメ。「~編み」はいっさい使わず、複数のくるりんぱをするだけ。まるで編み込んだような仕上がりに大満足間違いナシ♡

①トップの髪をくるりんぱしてほぐす。
②両サイド、それぞれくるりんぱしてほぐす。
③襟足の髪を左右に分け、表面にもってきて束ねくるりんぱする。
④髪全体を束ねてくるりんぱする。
⑤バランスを見てほぐす。

記事に関するお問い合わせ