無料の会員登録をすると
お気に入りができます

オキシマニアがついに「失敗しないオキシ漬け」神ワザ発見!家中ピッカピカ"最強の掃除術"8選

ライフスタイル

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

昨年くらいから話題になったオキシクリーン。すでに試してみた方も多いのではないでしょうか?
でも、「思ったように汚れが落ちなかった」「使い方がいまいちわからない」という意見も聞きます。

そこで、今回はすでにオキシクリーンを愛用中の"オキシマニア"が実践している、上手なオキシクリーンの使い方を、まとめてみようと思います。

まだ知らない方にお伝えしたい!オキシクリーンとは

オキシクリーンとは簡単に言うと「漂白剤」です。漂白剤の中でも酸素系の漂白剤になります。
酸素系漂白剤は漂白剤だけど酸素の力で汚れのみを分解して落とすので色柄ものにも使えるのが特徴です。

そしてアメリカ製と日本製の2種類あり、コストコで買えるオキシクリーンは界面活性剤が入っているので泡立ち、日本製はこの界面活性剤が不使用のため泡立たないのが特徴です。

(1)キッチン・シンク掃除

毎日使うキッチンは徐々にくすんできてしまいますよね。そんなキッチンに大人気のオキシクリーン!

オキシ漬けする前の注意点

シンクの中にキレイにしたいものを並べていきます。

フライパン、包丁、スポンジ、布巾、五徳など色々なものを入れることができます。
が、注意しておきたいことが、金属は基本ステンレスのみ。

塗装された金属やテフロン加工されているもの、スチール製のものは剥げてしまうことがあるので自己責任で行いましょう。

水の溜め方

水を溜めるのですが、水栓が無いシンクでも大丈夫。
ビニール袋を使います。

ビニール袋に水を入れて、水が流れないように結びます。水の量はご家庭の排水溝の大きさで調整してください。

またビニール袋の中の空気が多いとのちに浮き輪のように持ち上がってしまうので、できる限り空気を抜いて封をしましょう。

準備が整ったらいざオキシ漬け!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ