無料の会員登録をすると
お気に入りができます

関東の紅葉名所とおすすめ温泉スポット!

旅行・おでかけ

草津白根山 (c) GYRO PHOTOGRAPHY/a.collectionRF /amanaimages
草津白根山は標高が高すぎて樹木が無いので、紅葉する木も少なく、写真のような草紅葉になりますが、独特な美しさは感動的です。また山頂近くの弓池(例年見頃:10月初旬)の紅葉がピークの時は、箱庭のような独特の美しさ。群馬県の山では赤城山(例年見頃:10月中旬)や妙義山(例年見頃:11月上~中旬)も紅葉の名所として知られます。

温泉では、なんと言っても草津温泉。特に温泉街入口にある道の駅に無料の高山植物園が併設されており、そこの紅葉が素晴らしいのです。見頃時期の夜にはライトアップも行われます。さらに伊香保温泉もおすすめ。湯元「河鹿橋」の紅葉ライトアップが特に有名で、群馬県を代表する紅葉名所です。ライトアップは毎年は10月下旬から11月中旬まで実施されています。

千葉県の紅葉名所と温泉

紅葉の養老渓谷懸崖境。国道の橋から見物出来る
千葉県を代表する紅葉名所といえば、養老渓谷(例年見頃:11月下旬~12月初頭)です。近年は日本一遅い紅葉として、盛んに売りだしており、夜には紅葉ライトアップをする場所も複数あります。付近は滝が多く、滝めぐりの遊歩道もありますが、結構な距離を歩く事になります。紅葉を見たいだけなら、写真の「懸崖境」の紅葉がお勧め。国道沿いなので、全然歩く必要がありません。近くの「筒森もみじ谷」も、車で行ける穴場スポット。周辺の温泉は、もちろん養老渓谷温泉郷です。

他に千葉県では、もみじロードもおすすめ。名前の通り、県道をドライブするだけで、絶景の紅葉を楽しめます!佐倉城址公園の紅葉も穴場。空堀と呼ばれる水の無い堀の窪みは日陰なので、紅葉の色付きが遅れ、12月上旬という遅い時期まで楽しめます!

千葉県の紅葉の傾向と対策としては、日本一遅い紅葉だからと言って安心して遅く行かない事です。冬が近い時期のせいか一晩で枯れてしまう場合もあるので、やや早めの紅葉を満喫するのがお勧めです。

東京都の紅葉名所と温泉

六義園紅葉ライトアップ (c) Saha Entertainment/a.collectionRF /amanaimages
東京都の紅葉は、主に公園で見る事になりますが、神宮外苑や国営昭和記念公園のように、紅葉よりは銀杏の黄葉の名所が多い印象です。実は、一番のおすすめが日比谷公園。赤や黄色など様々に色付く様子が美しく、噴水付きの池もあり、紅葉と池がコラボ。無風時には水面に紅葉が映り込み、一層絶景です!

都内の紅葉スポットとして特に有名なのが写真の「六義園」(例年見頃:11月下旬~12月上旬)です。大きな池の周りを一周する公園ですが、池や常緑樹と紅葉のコントラストが美しく、夜は紅葉ライトアップをする事でも知られます。紅葉期間中は普段閉まっている駒込駅側の入口もオープンし、駅前で紅葉が見れるので、人気も混雑も相当なものです。

駒込駅の北には、洋館やバラで有名な「旧古河庭園」(例年見頃:11月下旬~12月上旬)があります。実は、このバラ園の下には日本庭園が広がっており、かなり密集したもみじ林があるので、「六義園」に行った時には、同時に立ち寄りたい公園です。付近の温泉としては東京染井温泉「SAKURA」があります。

神奈川県の紅葉名所と温泉

箱根仙石原ススキ草原 (c) Cityscape/a.collectionRF /amanaimages
神奈川県の紅葉名所といえば箱根一帯(例年見頃:11月上~12月上旬)です。ただし、迂回路が無いので紅葉の時期は渋滞が多く、公共交通機関で行くのがお勧めです。中でも特に有名なのが強羅にある箱根美術館の紅葉。美術館だけあって、芸術的に美しい紅葉と出会えます。一方、紅葉ではありませんが、秋ならではの景色が楽しめるのが写真の仙石原です。一面のススキ草原は関東周辺では、他には東伊豆の細野高原にあるだけの貴重な景観です。なお温泉は、箱根ですから無数にあります。

車で行く方には、湯河原温泉(例年見頃:11月下~12月上旬)がお勧めです。奥湯河原に、もみじの郷という名所がありますが、温泉街中央の万葉公園でも、至る所で紅葉が楽しめます。町立湯河原美術館の庭園も紅葉が美しく、美術館は有料ですが、庭園は紅葉の時期のみ無料で開放されています。夜には紅葉ライトアップもあるので、穴場の紅葉スポットとしてお勧めです。

美術館の近くには気軽に入浴出来る、共同浴場のような湯治宿「ままね」もあり、本来熱い湯で夏は辛いのですが、紅葉ライトアップを鑑賞した後の冷え切った体を温めるには、絶好の温泉です。

茨城県の紅葉名所と温泉

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ