無料の会員登録をすると
お気に入りができます

悲しい時にこそ手に取りたい。悩みにそっと寄り添ってくれるおすすめの小説・エッセイ4つ

カルチャー

時には涙が出るほど落ち込んだり、人には話せない悩みを抱えたり、辛い経験をすることもあるのが人生。

恋にバイトに将来のこと、人それぞれ大なり小なり悩むことがありますよね。

そんな女の子に向けて、心にそっと寄り添ってくれるような、女流作家が描く4つの本をご紹介します。

背中を押してくれるような温かい言葉が見つかるかも。

すばらしい日々 / よしもとばなな

丁寧な言葉遣いと優しい言い回しが心に沁みる、よしもとばななさんのエッセイ『すばらしい日々』。

震災のこと、愛犬や家族の話を通して、何気なく過ごしている日常こそが“すばらしい日々”ということを教えてくれる1冊です。

“逃げた人は逃げたことを受け止め、逃げなかった人は逃げなかった悲しみと強さを受け止め、ただそれだけの人生が過ぎていくんだな、そう思う。どっちがいいということもない。どっちも受け止めるものがある、なにを選ぶかだ。”

購入はこちらから

うつくしい人 / 西加奈子

直木賞を受賞した作品『サラバ!』や、宮崎あおい・向井理主演の映画『きいろいゾウ』で人気の西加奈子さんの小説『うつくしい人』。

周りの目を気にしてばかりで、自分だけが苦しい、不幸だ、と自意識過剰に陥る主人公の変化をえがいたストーリーです。

様々な人と接する中で徐々に自分を受け入れていく主人公の姿に、「もっと自分自身を認めてあげよう」と、思わせてくれるはず。

“とにかく、気になるんです。気になるの、人の目?自分が社会的にどういう位置にいるのか。どう思われているのか。自分のことを見ている自分の目が、何重にもありすぎて、自分が自分でいることがどういうことか、わからなくなるんです。分からないんです。”

購入はこちらから

本日は、お日柄もよく / 原田マハ

アート小説の名手として有名な原田マハさんが描く小説『本日は、お日柄もよく』。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ