無料の会員登録をすると
お気に入りができます

もう戻れない。冬モノの超メンドウなアレを“2分で処理”する方法がこちら

ライフスタイル

どんなにお気に入りのニットでも、必ず発生するのが毛玉です。今回、そのやっかいな毛玉を見事に処理できる「毛玉取り」3製品を比較し、処理速度と仕上がりを比較いたしました。その結果をご報告いたします。

360.life編集部/Test by MONOQLO編集部

きれいになるまで、約2分20秒かかりました。

[取れた量]

DC式でバッテリー内蔵のため、パワーは十分。

毛足の長さに合わせた調整も可能で、上記テスコムに匹敵するクオリティです。

【A評価】定番の泉精器コスパに優れた一台です

泉精器製作所
毛玉とるとる KC-NB37
編集部購入価格:1452円

[仕上がり]

きれいになるまでの時間は、約2分40秒でした。

[取れた量]

電池式なので、他よりややパワーは劣りますが、それでも十分に毛玉を取ることができます。

価格重視なら十分選択肢に入ります。

テストに使用したKC-NB37でしたが、同シリーズで更に安い C-NB34があります。そちらもおすすめです。

泉精器製作所
毛玉とるとる C-NB34
購入価格:992 円

こちらの製品も以前テストしましたが、広い面でもあっという間にキレイにできました! 取った毛玉がまとまり処理がしやすい、さすがの定番クオリティーでした。

以上、毛玉取り3製品比較でした。そろそろ冬物も視野に入る今日この頃、いざ、という時慌てないよう、そろそろ準備を始めてみてはいかがでしょうか。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ