無料の会員登録をすると
お気に入りができます

鎌倉の平屋をリノベ築60年の味わいを楽しみながら暮らす

インテリア

この鎌倉のお宅は、濵さんにとって3軒目の平屋の住まいなのだそう。
1軒目が横浜市内の平屋、2軒目が鎌倉の賃貸の平屋、そしてここが3軒目。
「すべてを見渡せるのが平屋の魅力です」
約築60年の建物のリノベーションは建築家の宮田一彦さんにお願いした。

宮田一彦さん

「鎌倉の物件を探していた時にグーグルマップ上に『宮田一彦アトリエ』という案内が出てきたんです。検索するととても素敵なリノベーションを手掛けてらしたのですぐに連絡致しました。この物件の下見にも一緒に行っていただきました」
約築60年の家は10cmほど傾いていたそうだがジャッキアップして直し、土台の下にコンクリートを流し込んで床下全体に土間を打ち、断熱材をしっかり入れた。底冷えのない暖かく過ごせる家にしてもらったのだそう。
そして、以前のオーナーがリフォームでアルミサッシに替えたほとんどの窓を、木枠のものに交換。
「6連の木枠の窓がオークションに出ていたのを見つけてリビングの窓を交換することができました。障子は新しく作っていただきました。建具も大部分をネットで見つけてます。トイレのドアは、もともとあった建具を移動して使いました」

「キッチンの白いタイルは、宮田さんに昭和っぽくなりすぎるかもと心配されたのですが、おばあちゃんちのような台所を目指していたので狙い通りに仕上がりました(笑)」

ひとつひとつの道具が美しい。ステンレスの天板によく似合う。

リンゴ箱を重ねた棚の上に鍋敷きや鍋つかみなどを並べて。

ガスコンロは壊れたらいつでも替えられるように独立型を選択。

明るく眺めのいいキッチン。濵さんのお宅は目の前に一面の緑が広がり、周囲からの視線はまったく気にならない。

キッチンの棚の下段はリンゴ箱にキャスターをDIYでつけた。引き出しにはプラスティックのケースも。「プラスティックは素材的に最初はどうかなと思ったのですが、使ってみるとそれほど違和感ありませんでした。左側のはFOUND MUJIで、右の棚の収納に使っているのは近くのケーキ屋さんが移転するときにいただきました」。真ん中のコールマンのクーラーボックスの中にはぬか床が!

キッチンは壁で少し囲って天井を下げ、独立した小部屋のようにした。
「白い飾り気のないタイルを選んで、”おばあちゃんちの台所”を目指しました」
最近はキッチンの天板とガスレンジが一体になっているものが多いが、あえて独立型を選択。”壊れても簡単に交換できる”を最優先にしたそう。
「キッチンに棚を作っていただこうかとも思ったのですが、住みながら少しづつ変えていくのもいいかなと思い、リンゴ箱やワインの箱にキャスターをつけて引き出しを作って楽しんでいます」

「天井ははがして状態を見てから、ラワン合板を貼ることに決めました。耐震補強のため、新しい柱や壁も追加しています」。テーブルの上のライトはイサムノグチ。正面奥が子ども部屋。

本棚はリンゴ箱。「足りなくなったら同じサイズのものをいつでもネットで買い足せます」。上のロフトには漫画コーナーも。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ