無料の会員登録をすると
お気に入りができます

実例つきすっきり&オシャレ!トイレの素敵なインテリア術

インテリアにこだわる人も、狭くて、レイアウトがパターン化されているトイレは後回しにしがちです。でも、狭い空間だからこそ、ちょっと手をかけるだけで見違えるほどおしゃれになるんです。トイレを居心地よく、おしゃれにするアイテムやテクニックをご紹介します。

インテリア

まずは収納を見直す

トイレの中は狭い割に、トイレットペーパーや掃除道具、サニタリー用品など、生活感のあるものがたくさん。どんなにおしゃれな雑貨を飾ったり、便座カバーなどをおしゃれにしたりしても、雑多なものが目につくところに置いてあると、せっかくの工夫やアイデアも台無しです。まずは、トイレの収納を見直してみましょう。

生活感のあるものは隠す

狭いトイレをすっきりおしゃれに見せるには、「隠す収納」が基本です。備え付けの棚に扉があればいいですが、そうでない場合は、おしゃれな籠やボックスに入れて収納すると、それだけで見た目がすっきりします。収納するときは、トイレットペーパー、掃除道具など、用途ごとに分けておくと、取り出すときに便利。ストックは買いすぎないこともポイントです。

また、隠す収納としてカフェカーテンなどで棚を隠してしまうという方法も。突っ張り棒を使えば、賃貸物件でも、壁を傷つけずにカーテンをつけることができますね。

収納場所がない場合

トイレに備え付けの棚がないという場合は、トイレットペーパーのストッカーや、隙間家具を置いてもいいでしょう。そんな空間さえないという場合は、自分で棚を作ってしまいましょう。突っ張り棒を使えば簡単に棚を作ることができます。市販の突っ張り棒はチープな感じがして好きではないという人は、簡単なDIYに挑戦してみてはいかがでしょうか。2本の突っ張り棒の上に板を載せるだけで簡単に棚を作ることができるアイテムがあります。その板に好みのテクスチャ―シートを貼り付けるだけで、写真のような高級感あふれる棚を作ることができますよ。

トイレにおすすめのインテリア雑貨

生活感あふれるものをきれいに収納した後は、いよいよトイレの装飾です。トイレの棚や窓枠、水槽タンクなどのちょっとしたスペースに、お気に入りの雑貨や小物を置くとインテリアのいいアクセントになります。ただし、あまりごちゃごちゃと物を置くと雑然とした感じになりますし、掃除も大変。トイレは清潔感が大切ですから、掃除がしやすくて、すっきりと見えるものが適しています。

ポスターやポストカード

トイレに飾るものとしておすすめなのが、ポスターやポストカードなどの紙類。場所を取らず、置くだけで空間の雰囲気ががらっと変わるので、季節や気分に合わせて変えてみてはいかがでしょう。額装するのも素敵ですが、そのまま置く、あるいは壁に貼ってみるのもいいですね。壁に貼るときは、マスキングテープを使えば跡が残らないので賃貸物件に住んでいる人にはおすすめです。バレンタインにはハート柄、秋はハロウィンをモチーフにしたもの、クリスマスにはツリーを描いたイラストなど、シーズンごとにポストカードを替えて楽しめば、暮らしが豊かになりますね。

植物

トイレに植物を置くとおしゃれなだけでなく、爽快感や清潔感をプラスすることができます。また、風水的にも観葉植物はトイレの悪い気を抑えてくれると言われています。トイレに置くのに向いているのは、日当たりが悪い場所でも育ちやすく、水やりを毎日しなくてもいい手のかからない植物。おすすめは、アイビーやフィカス・プミラなど耐陰性のある観葉植物。あるいはサボテンなどの多肉植物。植物の手入れには自信がないという人は、手間いらずのエアープランツやドライフラワーがおすすめです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ