無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ホルモン正常化で痩せやすく|睡眠の質を高める4つのヨガポーズ

痩せやすい体質をつくるヨガメソッドを、30年に渡りヨガを通して「食」の大切さを教えている友永淳子先生にお聞きしました。ぐっすり眠れると食欲をコントロールするホルモンが正常に分泌され、ダイエット効果が期待できます。逆転や胸を開くポーズで自律神経のバランスを整え、睡眠の質を高めましょう。

美容

1.深い呼吸がしやすくなる「魚のポーズ」

胸を開くことで呼吸が深くなる。頭頂を引っ張るので、顔の皮膚が引き上げられてリフトアップにも◎。

やり方

仰向けで、お尻の下に手のひらを下にして両手を置く。吐く息で胸を押し上げ、肘で支える。頭頂が床につかないときや、腰や首に違和感があるときは無理をしない。

POINT:背骨がアーチを描きながら、胸が同時に開いていく意識を持つ。

photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

胸を持ち上げるのがつらい場合
肘で床を押したほうが、胸を持ち上げやすい。力が入りやすいように、手は親指を中にして軽く握ろう。

photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

2.自律神経を整える「肩立ちのポーズ」

逆転になることで自律神経の働きが正常になり、寝つきがよくなる。頭が休まらない人にもおすすめ。むくみにも効く。

やり方

仰向けになる。息を吸いながら腰を持ち上げ、両手で支える。息を吐きながら両脚を天井に向けてまっすぐ伸ばし、しばらくそのまま保つ。

POINT:締まる喉元に意識を集中させながらポーズを味わう。

photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

肩で支えきれない場合
腰を手で支えた「逆転のポーズ」にするとポーズが安定する。

photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ