無料の会員登録をすると
お気に入りができます

印象ガタ落ち!?つい言ってしまいがちな「モテない女の”さしすせそ”」

恋愛・結婚

モテる女の「さしすせそ」、ご存知ですか?

さ…さすがです

し…知らなかったです

す…すごいですね

せ…センスいいですね

そ…そうなんですか?

という、“男を立てる必殺ワード”を指し、主に合コンなどで使用されるテクニックのひとつです。

今回の記事で取り上げるのはその逆、モテない女の“さしすせそ”。

これは筆者が男女10人くらいで集まった際、「モテる女の『さしすせそ』とは?」と話題に上がったとき、「いやいやそれモテないでしょ!」と満場一致したワードをまとめたものです。

つい言ってしまいがちな「モテないさしすせそ」が与える影響に加え、代わりになる言い換えも併せてご紹介いたします。

さ:最低!

彼が失敗・失言をしたときなどに「最低!」と使っていませんか? でも「最低」という言葉は「あなたは人よりも劣っている」というメッセージになりかねません。

ちょっとした失敗や失言だけで“最低評価”はちょっと厳しすぎると思いません?

できれば「最低!」は封印しておきたいところ。「もー」や「コラっ」のように、優しく叱ってあげてはいかがでしょう?

し:知ってる!

「知ってる!」と言うと彼はだまってしまいませんか? 「知ってる!」という言葉には、「それ以上話を続けるな!」というニュアンスが込められてしまうことも……。

彼の話した内容を自分が知っていても、まずは最後まで彼の話を聞いてあげてください。

そして「前にどこかで聞いたかも……」と、彼のおかげで忘れていたものを思い出したようなニュアンスで「知ってる」ことを伝えるのがおすすめです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ