無料の会員登録をすると
お気に入りができます

そのぽっこりお腹、原因は猫背かも!猫背のセルフチェック&改善方法

美容

猫背にはこんなにデメリットが!?

すっと伸びている背筋と、背中が丸まった猫背では、あきらかに前者のほうが若々しく素敵に見えますよね。でも、猫背が影響するのは見た目だけではありません。まずは、こんなものまで?と驚くような猫背のデメリットをご紹介します。

■肩こり
猫背は前傾姿勢になるため、ひどくなると「巻き込み肩」と呼ばれる肩甲骨が前に出たような状態になります。その結果、肩甲骨周辺の筋肉が引っ張られ、背中や肩がこった状態になります。

■腰痛
猫背になると上半身の重心がずれ、腰の関節に負担がかかり、腰痛を引き起こすこともあります。

■ぽっこりお腹
それほど太っていないのに、下っ腹だけがぽっこりしている人は、猫背が原因かもしれません。猫背のように背中がまるまった姿勢だと、腹筋はゆるんだ状態になりやすく、脂肪がつきやすくなります。また、猫背の人は、腰が反った状態になるので、お腹が実際より出て見えることもあるようです。

■顔のたるみや二重あご
猫背にありがちなあごを突き出す座り方は、首の後ろ側が縮まり、反対に前側が引き伸ばされた状態になります。そしてその姿勢が続くと皮膚や筋肉は緩んだ状態になってしまうのだそう。それにより、顔のたるみや二重あごにつながることもあるのだとか。

■頭痛や耳鳴り
首の周辺にはさまざまな神経が通っています。猫背になって、姿勢が乱れるとその神経が圧迫され、慢性的な頭痛や耳鳴りを引き起こす可能性があります。

■酸素不足
猫背になると、胸椎や肋骨、骨盤の位置もずれて、全身にゆがみが生じます。そのため、猫背が悪化すると、肺や心臓などの内臓が圧迫され、呼吸が浅くなります。その結果、酸素不足に陥る可能性も。脳も酸素不足になって集中力や作業効率が低下する原因にもなると言われています。

猫背かどうかを簡単にセルフチェック

昔に比べ、スマホやPCを見るなど、自然と前かがみの姿勢でいることが長い現代人は、猫背になる可能性が高いそうです。まずは自分が猫背かどうかを次の方法で確認してみましょう。

1)壁から30cmほどの場所に背中を向けて立つ
2)そのまま背中が壁につくまでゆっくり後ろに下がる
3)その際、以下に当てはまる人は猫背の可能性が高いと言えます
・お尻よりも先に背中が壁につく
・壁と腰の間に手が入らない
・壁と頭の間が空いている

また、猫背の人は、体の左右でひじを肩と同じ高さに上げようとしても上げづらい、ブラジャーの後ろのベルトが下がり気味になる、靴のかかとの外側がすり減るなどといった特徴があるそうです。
まずは上記の方法で自分が猫背かどうかをセルフチェックしてみましょう。

猫背の原因はどこに?

猫背の原因は、ほとんどが生活習慣にあります。以下に主な猫背の原因をピックアップしたので、どれくらい当てはまるかチェックしてみてください。

■デスクワーク
書類を読んだり、PCを操作したりする時間が長いデスクワークは、前かがみになるため、肩が内側に入った姿勢になりやすくなります。この姿勢を毎日のように続けていると、背骨や骨盤が歪んだり、腹筋や背筋が緩みやすくなったりして、猫背になる可能性が高くなるようです。

■スマホ
スマホの見過ぎもデスクワークと同じく、前かがみの姿勢でいる時間が長くなります。その結果、首が前傾して猫背を引き起こす原因となることも。

■運動不足
正しい姿勢をキープするためには、ある程度の筋肉が必要です。運動不足で、腹筋や背筋が弱っていると、猫背になる可能性があります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ