無料の会員登録をすると
お気に入りができます

これだけで地味ヘアが垢抜ける♡低めアレンジが華やぐ4つのテクニック

ローポニテをはじめとした低めの位置で作るヘアアレンジが今大ブーム!しかし、低めの位置のヘアアレンジは、一歩間違うとおばさんっぽく見えてしまう危険と隣り合わせなのです。そうならないために覚えておきたいテク二ックをまとめてご紹介します♡

2016年7月
ヘアスタイル

②毛束を引き出しほぐす

今時のヘアレンジに欠かせない無造作感は、仕上げに毛束を引き出すことで生まれます。

tiful.jp

引き出し方のコツ

結び目を固定し、中間の毛を少量ずつ引き出せばきれいな無造作感が出ます。

この1ステップでこなれる♡アレンジ別の“ほぐし方”講座

三つ編みやポニーテール一つでも、きちんと“ほぐし”を加えるだけでグンとあか抜けた印象になります。ただし、雑破にほぐし過ぎるのもNG。だらしなく見えてしまうのと紙一重なんです。美しい仕上がりをつくれる、セルフアレンジ時でのポイントをご紹介します。
4371

③アレンジ前に髪を巻く

ポニーテールなどの場合はアレンジ前にさっと巻いておくとよいです。特に直毛の人は効果テキメンですよ。

instagram.com

波ウェーブの作り方

①毛束を手に取ります。②毛先から順にストレートアイロンで波ウェーブを作っていきます。まずは手前に手首をひねる、その次は奥側に手首をひねる。これを上の方まで繰り返せばきれいな波ウェーブの完成です。

instagram.com

ゆるウェーブの作り方

①髪をブロッキングします。②毛束を手に取り、中間あたりで平巻きにし毛先までくるくるっとアイロンをすべらせます。③②を繰り返して出来上がりです。

instagram.com

④アホ毛はNG

アホ毛は生活感が出てしまう原因に。いくら無造作アレンジといえどもアホ毛はNGです。徹底的に排除しましょう。

hair.cm
記事に関するお問い合わせ