無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ゲッターズ飯田さんが激推し!2020年「初詣に行くべきパワースポット神社」7選

旅行・おでかけ

ついに、あと2日で今年も終わり。新年を迎える準備はできていますか?
新しい年を迎えて、最初に行うことといえば「初詣」です。
そこで、2020年、初詣に行くと“運気が上がる”パワースポットともいうべきオススメの神社を、芸能界最強の占い師・ゲッターズ飯田さんに教えてもらいました。

2020年の開運は、まずは「初詣」から!
パワースポットでもある歴史ある「本物の神社」に出向き、神様に挨拶や感謝の気持ちを表すことで、運気を味方につけましょう。

パワースポット1:全国唯一の八方除の神様「寒川神社(神奈川県)」

約1600年の歴史を有する寒川神社(さむかわじんじゃ)。
年間約200万人におよぶ参拝者が訪れる神奈川県内で2番目に大きい神社で、有名人も多く訪れているらしい!ということでも有名。
全国で唯一の八方除(はっぽうよけ)の守護神として、すべての悪事災難を取り除き、福徳開運を招くと言われています。
御祈祷を受けた人だけが入れる神苑は、富士山を水源とする相模川が流れる美しい庭園で、ここもパワースポットと言われています。

相模國一之宮「寒川神社」
所在地:神奈川県高座郡寒川町宮山3916
電話番号:0467-75-0004
ご祭神:寒川比古命(さむかわひこのみこと)、寒川比女命(さむかわひめのみこと)の二柱の神を寒川大明神と奉称している

パワースポット2:有名チームも必勝祈願に訪れる、事始めと武道の神「鹿島神宮(茨城県)」

関東最古の神社といわれる鹿島神社(かしまじんじゃ)は、全国に約600社ある鹿島神社の総本山。
ご祭神の武甕槌大神(たけみかづちのおおかみ)が、日本建国・武道の神様であることから、サッカーJリーグ「鹿島アントラーズ」がシーズン前に必勝祈願に訪れることでも有名。
広大な境内の中には、地震封じの「要石」や、透き通る湧水で禊(みそぎ)も行われる御手洗池(みたらしいけ)などパワースポットと言われるポイントも。
年始には、水上鳥居としては日本最大の「一之鳥居」から昇る初日の出を拝みに、多くの人が訪れます。

常陸國一之宮「鹿島神社」
所在地:茨城県鹿嶋市宮中2306-1
電話番号:0299-82-1209
ご祭神:武甕槌大神(たけみかづちのおおかみ)

パワースポット3:生活全般の守り神「三輪明神 大神大社(奈良県)」

日本最古の神社と言われている「三輪明神 大神神社(おおみわじんじゃ)」。
社殿はなく、拝殿の奥にある三ツ鳥居を通して、ご神体である三輪山を拝むという、社殿が誕生する以前の“原初の神祀り”を今に伝えています。
ご祭神の「大物主大神(おおものぬしのおおかみ)」の魂が三輪山に鎮まっていることから、神社自体が日本で有数のパワースポットとしても有名。
また「大物主大神」の“大いなる物の主”は、「すべての精霊(もの)をつかさどられる・統べられる」を意味し、人間生活すべての守り神として尊崇されてきました。

大和國一之宮「三輪明神 大神神社」
所在地:奈良県桜井市三輪1422
電話番号:0744-42-6633
ご祭神:大物主大神(おおものぬしのおおかみ)

パワースポット4:よみがえりの聖地「熊野本宮大社(和歌山県)」

熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)は、全国に4700社ある熊野神社の総本宮。
世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の中にあり、熊野三山(熊野本宮大社・熊野速玉大社・熊野那智各大社)の中心です。
創建は2000年以上前。古くから篤い信仰を集め、平安時代末からは「浄土への入り口」と言われ、“浄土へお参りし、帰ってくる”ことから、「よみがえりの聖地」を言われるようになりました。

「熊野本宮大社」
所在地:和歌山県田辺市本宮町本宮
電話番号:0735-42-0009
ご祭神:熊野十二所権現と呼ばれる十二柱の神々
主祭
神は家都美御子大神(けつみみこのおおかみ)と、素戔嗚尊(すさのおのみこと)

パワースポット5:縁結び・福の神として名高い「出雲大社(島根県)」

言わずと知れた縁結びの神社「出雲大社(いづもおおやしろ)」。
神無月(旧暦の10月)に全国の八百万の神々が集結することや、二礼四拍手一拝の作法で拝礼することなどでも有名。
縁結びのご縁とは、恋愛だけでなく、“行きとし生けるものが共に豊かに栄えていくための貴い結びつき”だそうです。

出雲國一之宮「出雲大社」
所在地:島根県出雲市大社町杵築東195
電話番号:0853-53-3100
ご祭神:大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ