無料の会員登録をすると
お気に入りができます

もう臭いなんて言わせない!すぐにできる玄関のニオイ対策

インテリア

玄関の臭いの原因は?

玄関の臭いと言っても、その原因はいくつか考えられます。臭い対策をする前に、まずその主な原因を知っておきましょう。

■靴
玄関が臭う原因で最も多いのが靴。特に一日中履いていた靴は、皮脂や汗をたっぷり吸収しています。そのまま放置しておくと、雑菌やカビが発生して臭いの原因となります。また、靴の裏などについていたゴミや埃が玄関に溜まると、そこからも臭いが発生します。

■下駄箱
皮脂や汗が付いた靴をそのまま下駄箱に入れてしまうと、当然下駄箱にも臭いが移ってしまうので、玄関の臭いの原因になります。

■雨(濡れた傘や靴など)
湿気は臭いの素です。雨に濡れた靴や傘をそのまま放置しておくと、独特な湿気の臭いが発生するだけでなく、カビの原因にも。玄関に入り込んでしまった雨水や、濡れた靴や傘から垂れた雨のしずくなども臭いが発生しやすいので注意が必要です。
また、雨の日に外出していないとしても油断は禁物です。雨の日は家の中の湿度が高くなるため、玄関マットや靴などが湿気を含んでしまい、何もしていなくても、臭いがしてしまうことがあります。

■換気不足
そもそも、靴や下駄箱の臭いの原因となる雑菌は、湿気が多いところで発生します。人が出入りする時以外は、ほとんど玄関は閉めっぱなしですから、換気不足になりがちです。換気がうまくできていないと、湿気が溜まり、結果として臭いの原因となります。

■結露
寒い時期は、空気中の水分が水滴となり、壁や玄関扉、下駄箱などに結露ができることがあります。結露をそのままにしておくと、カビの原因となり臭いが発生する可能性があります。

■ゴミ
ゴミの日の前日など、生ごみや空き缶や瓶を玄関先に置いていませんか。これらの臭いが、ゴミを出したあとも残ってしまうことがあるので、注意が必要です。

■他の部屋の臭い
換気がうまくいっていないと、キッチンやトイレの臭いが玄関に流れ込むことがあります。

原因別、玄関の臭い対策

玄関の臭いの対策方法は、その原因によって異なります。それぞれの消臭と、臭いを発生させない方法をご紹介するので、自宅の玄関で思い当たるところがあったら、早速試してみましょう。

靴は素材によってケア方法が異なりますが、基本的には汚れたまま放置しないことが大切です。以下の方法で臭いの元を断ちましょう。

1)基本
外出先から帰ってきたら靴の裏や表面についた土埃や汚れは、専用のブラシで落とします。さらに、靴の中敷きなどに消臭スプレーをかけると効果的です。ただし、スプレーをしたあとは、湿気が残らないように、しっかりと乾かしましょう。

2)乾燥
汗や皮脂、雨などを吸い込んで、湿った靴をそのまま下駄箱に入れてしまうのはNGです。目に見える水滴は乾いた布なのでしっかりと拭き取ります。そして、天気のいい日にベランダや庭でしっかりと乾燥させましょう。

3)洗う
洗える靴の場合は丸洗いするのが一番。ただし、その場合もしっかりと乾燥を。

4)収納
衣替えなどで、しばらく履かない靴をしまうときも注意が必要です。汚れをしっかりとって、乾かすのは当然。靴箱などに入れる場合は、一緒に湿気やカビなどに効果のある消臭剤を入れておくと安心です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ