無料の会員登録をすると
お気に入りができます

健やかに冬を乗り越えるために。超敏感肌さんの冬スキンケア

美容

超敏感肌さんの大敵・冬の乾燥と寒暖差

godmake.me

超乾燥肌さんの多くが、冬場に深刻な肌トラブルを抱えています。カサカサ乾燥肌や吹き出物、かゆみや赤みなど、悩みは尽きませんよね。

超乾燥肌さんが冬場に肌トラブルを抱えやすいのは、冬の空気の乾燥が原因。肌にとって理想的な湿度は最低でも50~60%と言われていますが、冬には外気がとても乾燥していて、30%を切ってしまう日も多くあります。また、室内でも暖房を使用していると空気が乾きやすくなり、皮膚の水分が失われてしまいがちだとされています。

空気の乾燥からは加湿器や保湿ケアで肌を守っているという方でも見落としがちなのが、寒暖差による肌トラブル。皮膚は温度の低下に弱く、冷たい空気に晒されると肌のバリア機能が低下してしまうのです。

肌の表面は基本的に温度が高くなっていますが、外気が冷たいと当然低下してしまいます。室内にいる時には30℃程度まで回復しますが、ひとたび外気に晒されてしまうと10℃台にまで低下してしまいます。基本的に肌の温度が30℃以下になってしまうと、バリア機能に影響が出てしまうので、防寒は身体だけでなく肌のためにも必要なものなのです。

超敏感肌さんの冬対策!スキンケア5か条

洗顔は石鹸で!メイクも石鹸で落ちるタイプを選ぶと○

godmake.me

超敏感肌さんの冬仕様スキンケアの基本は、肌の皮脂を落としすぎない洗顔です。洗顔によって肌の皮脂を落としすぎてしまうと、肌が無防備な状態になって乾燥が進んでしまいやすくなるのです。

超敏感肌さんの洗顔は、基本的に洗顔石鹸がおすすめです。一般的な洗顔フォームやクレンジング剤には様々な種類の界面活性剤が含まれており、あまり界面活性剤が多く含まれている洗顔料は肌にとって必要な油分まで落としてしまいやすくなるのです。

洗顔石鹸に含まれる界面活性剤は、石鹸成分のみになっています。シンプルな成分なので肌への負担が少なく、ぬるま湯ですすげばすっきり取れてしまうので、肌が荒れる原因を最低限に抑えることができます。

メイクを落とす時にも、クレンジング剤を使うよりも石鹸を使用した方が肌への負担を抑えられるので、メイクアイテムも石鹸やぬるま湯だけで落ちるタイプのものをできるだけ選ぶようにしましょう。クレンジングオイルの代わりにワセリンなどのバームを使用してメイクオフするのもおすすめです。

化粧水の前に蒸しタオル&オイルで肌をほぐす

メイクを落としたらいよいよスキンケアの準備。まず最初に、蒸しタオルで肌をほぐしておきましょう。乾燥しきった肌は固くなってしまっており、ここにすぐ化粧水やクリームなどを塗ってもなかなか浸透していきません。肌を温めて柔らかくし、血流を整えておくことで、やっと化粧水などがしっかり浸透するようになります。

ここで気をつけたいのが、蒸しタオルを外した後の肌をそのままにしてしまわないこと。濡らしたタオルをレンジなどで温めたものである蒸しタオルは、肌にのせているとどうしても肌が湿ってしまいます。その肌をそのままにしてしまうと、水分が蒸発することでかえって肌から潤いが奪われてしまいます。蒸しタオルで肌が充分に温まったら、すぐにスキンケアを開始しましょう。

蒸しタオルだけでは不十分な場合は、化粧水の前にオイルを使います。オイルの油分が肌をほぐして、ブースターとしての役割を果たしてくれます。オリーブやローズヒップなどさまざまな種類のオイルがありますが、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

化粧水はケチらずたっぷりと!

godmake.me

肌がしっかりほぐれたら、化粧水を入れ込んでいきます。ここでポイントになるのが、化粧水の量。もったいないからとケチってしまうと思ったような効果が得られません。化粧水の量は必ず「たっぷりと」を意識して使い、両手で肌を覆うようにして浸透させましょう。コットンを使ってパックするのもおすすめです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ