無料の会員登録をすると
お気に入りができます

こりゃひと味ちがう! おすすめ製氷皿をガチ格付けしました!

レシピ

意外にカンタン!製氷皿ならクリアな氷が作れます

写真/PIXTA

冷蔵庫の自動製氷機はお手入れが面倒で、氷も白くなってしまうのが悩みの種ですよね。空気と不純物から生まれる白い部分はできるだけなくしたいところ。

その問題を解決してくれるのがフタ付きの製氷皿です。フタ付きなら密閉されるので、自動製氷機や備え付けのものでは作れないクリアな氷を作れます。

また、洗うだけなのでお手入れも簡単で、氷だけでなく離乳食やジュース、おかずなどを小分けにして冷凍保存することもできますよ。

シリコンとプラスチック素材は2種類あります

製氷皿の素材は、主にシリコンとプラスチックの2種類になります。

▼シリコン

素材に弾力があるため、力を入れずに指で1つずつ押し出します。使いたい分だけ個別に出せるのが魅力ですが、一度に全部を出すのは難しい点も。

▼プラスチック

同じプラスチックでも硬さに差はありますが、基本的には一度に全部取り出せるような形状。しなりの良いものなら力を入れずにパッと出せるので、大量に氷を作る場合に向いています。

1つずつ取り出したいならシリコン、一度にたくさん取り出したいならプラスチックがおすすめなので、用途に合わせて選びましょう。どちらも使えるものならより便利ですね!

キューブ、スティック、小粒…作れる形はいろいろいあります

今回、おすすめ商品をご紹介しますが、製氷皿は一般的なキューブ型が中心ですが、さまざまな形の氷を作れるものもあります。いくつかピックアップしてご紹介します。

▼小粒型

エビス
こつぶ
実勢価格:120円

小粒型の細かな氷はジュースに最適!たくさんグラスに入れると見栄えもしますね。 氷が好きな子どもも食べやすいサイズです。

▼クラッシュ型

エビス
かち割りアイストレー
120円

コンビニやスーパーで売っている砕いたようなアットランダムな形の氷が自宅でも作れます。大きく溶けにくいのでお酒を冷やすのにピッタリ!

▼スティック型

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ