無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[指別]ペアリングがもたらす「不思議な効果」

恋愛・結婚

恋人同士の間でつける「ペアリング」。今ではすっかりおなじみになり、結婚指輪をはじめとして、ひとつの文化となりました。

ペアリングには、ただ単におそろいのアクセサリーを持つというよりも、2人を繋ぐもっと深い意味があります。

今回は、つける指ごとにペアリングが意味することについて、スピリチュアルな観点から解説していきたいと思います。

ペアリングがもたらす効果とは?

ペアリングをすると、指輪を通して相手のパワーを受け取れる調と言い伝えられています。このパワーは、スピリチュアルな世界でいうところの「気」と捉えることができるのです。

中国で生まれた「陰陽説」では、女性が陰の気を持ち、男性が陽の気を持っているとされています。陰と陽は、相反する性質を持ちながらも、お互いにバランスを取るように作用します。

ペアリングは陰と陽のバランスを取るには最高のアイテム。カップルの心のバランスを取り、健やかに愛を育めるよう導いてくれるのが、ペアリングなのです。

指別・ペアリングが示す意味とは?

ペアリングをつける指によって、その意味や効果は異なります。つける指別にくわしく見ていきましょう。

親指(サムリング)

現代では親指に指輪をする人は少ないですが、親指には強いパワーが宿っています。

親指にはめる指輪は「サムリング」と呼ばれ、親指は権力や権威をあらわし、中世のキリスト教で教皇がはめていたとされます。また、古代ローマでは願いが叶うとされており、婚約指輪以外はすべてこの指にはめていたともいわれているのです。

同じ親指でも右手と左手で意味が違います。では詳しく見ていきましょう。

右手の親指は「恋が盛り上がる」

右手の親指にペアリングをすると、恋をする強いパワーがわいてきて、大恋愛へと発展していくでしょう。

今ひとつ恋の盛り上がりに欠けると思ったときには、親指にペアリングをつけると、お互いに相手を求める気持ちが強くなります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ