無料の会員登録をすると
お気に入りができます

パン派なら見逃せない、ご褒美系「食パン専門店」今どき4選

一時のブームにとどまらず、地方にも新しいお店が続々オープンし、増え続けている高級食パン専門店。目も舌もこえた消費者を相手に、各ショップの味や食感の違いは? 主食はパン派のという人にぜひ食べてほしい注目店の食パンをピックアップしました!

グルメ

全国的にも人気が高まっている2斤1,000円前後の高級食パン。原材料や製法によって繊細に変化する食感の違いと、手軽に味わえるプチ贅沢感が、多くの消費者を虜にしています。今や大手コンビニでも手軽においしい食パンが買えるようになりましたが、ギフトや自分へのご褒美には、やっぱり高級食パンですね。

★一本堂★
「期間限定・生クリーム食パン」
フランス産発酵バターでアップグレード。
芳醇な香り広がる優しい味が魅力

16種類あるラインナップ中でいちばん人気なのは、期間限定の生クリーム食パン。しっとり柔らかな焼き上がりはサンドイッチにもおすすめ。生クリーム食パン 420円(税込)※例年11月~4月末までの販売予定

大阪の住宅街で創業した「一本堂」は、今でも昭和のお米屋さんのように、身近でおいしい食パンを提供するのが原点。北米産の小麦粉を使いソフトな食感に仕上げた生クリーム食パンは、今年から採用されたフランス製発酵バターとたっぷりの北海道産純生クリームのハーモニーで、芳醇な香り漂う格別な味わい。程よい甘さとコクのあるうま味が人気の秘密です。全商品に乳化剤やハチミツ、卵、イーストフードは不使用、低トランス脂肪酸のマーガリンや国内培養のパン酵母など、原材料を厳選し、安心・安全にこだわっているそう。

〈左〉看板商品の一本堂食パンは年間の人気商品。耳はしっかり中はふわもちのベーシックな味わい。一斤280円(税込) 〈右〉人気ランキング2位の京都宇治抹茶小豆食パンは、高級宇治抹茶と北海道産小豆を練り込んだデザート系食パン。1本600円(税込)

◆おいしく食べるおすすめポイント

「シンプルにトーストして小麦の程よい香りを楽しみながら、お好みでバターやジャムと一緒にどうぞ。3日ぐらいで食べきれなかった場合は、ラップした後に密閉保存袋に入れて冷凍保存を。2週間以内で食べきるのがベストです」(広報・秋元さん)

「一本堂 新宿本店」

2013年3月に大阪の住宅街で創業。現在全国に127店舗あり、全店合わせて1日約2万5千食を販売中。毎日、店舗で焼きたてを提供しています。

東京都新宿区富久町22-2
Tel. 03-6380-1670(予約可の店舗あり)
9:30~19:00 月曜休
※月曜が祝日の場合は火曜休

https://shokupan-ippondo.jp/

★ねこねこ食パン★
「プレーン」
こだわりはミルク100%の贅沢生地
ふわっと甘いキュートすぎる猫型食パン!

人気ランキングは、プレーン、チョコ、チーズ、あずきの順。購入は種類に関わらず1人1本まで。プレーン1本540円(税込)、チョコ、あずき、チーズ各1本734円(税込)※催事では価格が異なる場合があります。

猫型の可愛らしいルックスと、うま味が詰まった生地が人気の『ねこねこ食パン』。昨年7月中部エリアに新規2店舗をオープン後、短期間で全国規模に出店を広げています。店頭には、プレーン、チョコ、あずき、チーズに季節限定フレーバーが加わったキュートな食パンがそろいます。生地の特徴は、水を一切使わず北海道産小麦と牛乳を練り合わせたというミルキーさ。隠し味にハチミツ・生クリーム・バターを入れて、なめらかでコクのある味に。耳が薄めで食べやすいふんわり食感も好評です。

猫がミルクをなめるイメージを表現したというこだわりフォルム。SNSで話題なのがチョコペンで顔を描いたりジャムやあんこでデコレーションするアレンジ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ