無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[管理栄養士が教える]食事からできる花粉対策とは?

レシピ

花粉が多く飛ぶ季節、目の痒み、くしゃみ、鼻水などで毎年悩む方も多いのではないでしょうか。今年こそ、このような症状を少しでも和らげたいと思われている方必見。今回、食事からできる花粉対策や、花粉の症状を改善できる方法を、管理栄養士がレシピも含めて紹介したいと思います。

花粉症のメカニズムとは?

花粉症の基礎知識

簡単に言うと、花粉症とは、有害物質でもない花粉に対して身体が起こす異物反応、アレルギー反応です。花粉が体内に入ると、免疫反応が起こり、くしゃみ、鼻水、涙で花粉を外に出そうとします。

【花粉対策】免疫力を高めるヨーグルトの食べ方って?

花粉症を和らげるために食べたい食品のポイントとは?

ポイント1:ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を含んだ食品

これに当たる食品で、一番に思いつくのは、ヨーグルトや乳酸菌飲料ではないでしょうか。他には、日本の昔からの伝統食品である、納豆、漬物や味噌などの発酵食品にも含まれます。

また、ある研究によると、善玉菌であるビフィズ菌や乳酸菌の入ったヨーグルトを食べた場合、ビフィズ菌の入っていない乳酸菌だけのヨーグルトよりも、花粉症によく起こる、目、鼻の自覚症状が改善されたという結果もあります。

ポイント2:腸内で善玉菌を増やす食品

食物繊維やオリゴ糖の多い食品は、善玉菌を増やすだけでなく、活性化する働きがあります。食物繊維が多い食品は、野菜類、海藻類、きのこ類、大豆製品、果物類などです。

オリゴ糖が多い食品は、大豆、また、野菜類では、たまねぎ、ごぼう、ねぎ、にんにく、アスパラガス、果物類では、バナナなどです。

【美の秘訣は腸にあり♪】善玉菌を増やすメリットって?

花粉症対策に試したいレシピを公開

レシピ1:フルーツヨーグルト

ビフィズ菌の入ったヨーグルトを使い、オリゴ糖を含んだバナナなどを中心に、ビタミンCが豊富で好きなフルーツと一緒に食べることで、花粉症も少しは和らぐかもしれません。

また、盛り付け方を工夫することで、マンネリ化したフルーツサラダから脱出し、ちょっとオシャレなデザートに大変身。

「フルーツヨーグルト」のレシピはこちら
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ