無料の会員登録をすると
お気に入りができます

整理のプロが実践!「おもちゃ収納」のアイデアで散らかるストレス解消

インテリア

気が付くと部屋におもちゃが散乱……。
「片付けないと捨てちゃうよ!」と怒る毎日。

気が付くと部屋におもちゃが散乱……。
「片付けないと捨てちゃうよ!」と怒る毎日。

「ママーあのおもちゃどこー?」と聞かれても、わかるハズもなくイライラ……。
小さなお子さんのいる家庭にはよくあるやりとりですね。

でも、少しの工夫をすれば、怒ったり、聞かれたりすることが減るかもしれません。

今回は「おもちゃ収納」のアイデアやポイントをご紹介。紹介するアイデアやポイントを参考に、やれることからチャレンジしてみてくださいね。

<おもちゃの収納アイデア1>片付ける“住所”は決まっているのか

子どもが片付けてくれないのは、「戻す場所が決まっていない」「箱がいっぱいで入らない」「(場所が高くて)出し入れしづらい」などといった理由が考えられます。

子どもの成長に合わせて、使わないおもちゃはまとめて別の場所に移しておくと、普段遊ぶおもちゃが取り出しやすく、遊びにも集中してくれますよ。

できれば子どもと一緒に一つひとつ「いる、いらない」の整理ができると良いのですが、「あまり使わないおもちゃはここに置いておくね。使うモノは自分で戻してね、〇日経ったら捨てる予定だよ」という方法も有効です。

おもちゃを勝手に捨てることは、信頼関係が崩れるのでやめましょう。

<おもちゃの収納アイデア2>棚や引き出しにラベルを貼る

おもちゃの住所が決まったら、「写真」や「絵」を引き出しに貼ると良いです。

これは児童館が行っているスタイルです。児童館には、初めてくる子どもや字が読めない子どもも遊びに来ますよね。でも、帰る時にはとてもきれいに戻っています。

・写真や絵を貼る
・子どもが届く低い位置に置く

これが児童館のポイントです。

例えば、プラレールの車両を写真に撮って貼ります。

引き出しの中は、このようになっています。

棚にも貼っています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ