無料の会員登録をすると
お気に入りができます

自分史上最強スッキリ!「無印×セリア」神コラボで"充電コードごちゃごちゃ問題"から卒業

100yen

こんにちは。
横浜の整理収納アドバイザーでヨムーノライターの長島ゆかです。

最近は、スマホをはじめ、充電が必要なアイテムが本当にたくさんあるので、充電回りのコード類のごちゃつきに頭を悩ませる方も多いのではないでしょうか?

今回は、わが家の充電回りの収納についてご紹介したいと思います。

スマホなどの充電器まわりのコードのごちゃつき

わが家の充電ステーションは、リビング入ってすぐの白いキャビネットの上。
以前は、電源タップもケーブルもそのまま見えている状態で、ごちゃごちゃ感が否めませんでした。

Berore

そこで取り入れたのは無印良品の
ポリプロピレンファイルボックス
スタンダードタイプ・1/2です。
⇒参考:無印良品

無印良品

After

ファイルボックスの穴から、端子たちがコンニチハ!(笑)
それぞれの端子がわかるように、マスキングテープでタグをつけています。

(ボックス横の丸っこいのは、ワイヤレススピーカーです。)

無印良品のファイルボックスには専用のフタがあります。
でも、端子を出している丸い穴とは逆側からも電源タップのコードを外に出したかったので、専用のフタは使わず、セリアで売っていたPPシートを使ってフタを自作しました。

(自作といっても、ただL字型に折り目をつけて乗せただけ(笑))

電源コードも通せて、かつ、放熱できるようにわざとすき間を作っています。
フタがあると、ホコリも入らないし、見た目のゴチャゴチャ感も見えなくなるのでスッキリ!
自分史上最強のスッキリ感です。

テレビ裏やルーターまわりの配線のごちゃつき

テレビの裏や、Wifiルーターまわりは、太い電源コードが何本もウネウネしていたりしますよね。

ボックスで電源タップだけを隠しても、そもそも電源タップまでの配線のウネウネが気になる~!
という方のためには、コチラが役に立つかもしれません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ