無料の会員登録をすると
お気に入りができます

激レアすぎ!無印がまさかの神コラボ♡奇跡の「1,000円台とらや」期間限定は絶対見逃せない

グルメ

こんにちは、洋菓子よりも和菓子が好きなヨムーノ編集部です。

こんにちは、洋菓子よりも和菓子が好きなヨムーノ編集部です。

早いもので、無印良品 銀座6階の「ATELIER MUJI GINZA」がオープンして1年が経ちましたね。その晴れやかな1周年を記念し、2020年4月4日(金)より株式会社虎屋と共同開発した羊羹が期間および数量限定で販売されますよ。

なんとその羊羹は、無印良品と、和菓子の老舗「とらや」の両社が共同で羊羹をつくりあげました!

オープン1年記念!限定羊羹はこだわりたっぷり

開発のきっかけは、イタリアデザイン界の巨匠、エンツォ・マーリの「デザインとは、栗の木を植え、その木が成長し、やがて人々がその実を味わい木陰で憩えるような、長く未来へと持続するプロジェクトである。」という言葉です。企業とはそうした視点を持つべき、と。

とらやを代表する煉羊羹は小豆を煮る作業から完成までに3日を要します。小豆を煮て専用の餡をつくり、その餡に煮溶かした寒天と砂糖を加えてじっくり煉りあげるという非常にシンプルな菓子です。

同社に古くから伝わる菓子見本帳をひも解くと、様々な意匠の羊羹がつくられていたことが分かります。その菓子見本帳をつぶさに見てみると、あれ?マーリがデザインしたプロダクトのフォルムが見え隠れしているような?

そこから、とらやで使われている既存の型を用い、素材の色合いを生かした、あらたな羊羹が生み出されました。

豆類(小豆・白小豆等)・砂糖・寒天と、厳選された素材を使い、熟練した菓子職人が仕上げています。目でも味わってもらいたい羊羹です。

販売期間(第一弾)

4月4日(土)~

販売予定商品(第一弾)

HABATAKU

KAZE

KUMI

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ