無料の会員登録をすると
お気に入りができます

言いたいことは我慢しない!今よりももっと愛される上手な伝え方

恋愛・結婚

「これを言ったら、面倒臭いとか思われるかな……」

「本音を伝えたら、彼機嫌悪くなるかな……」

などと、言いたいことが言えず、モヤモヤを抱えたままでいると、いずれモヤモヤが一気に爆発し、関係が悪くなってしまうことも……。

言いたいことは、我慢してはダメです!

ただ、単に伝えるのではなく、「伝え方」が大事。

そこで今回は、愛される伝え方をご紹介します。

批判系、命令形は使わず、お願い系

言いにくいことを伝えたい時は、批判系、命令形は使わないことです。

例えば、居酒屋で一緒に食事中、何の断りもなく当然のようにタバコを吸い始める彼に、タバコが嫌であることを伝えるにはどうしますか。

「タバコやめて。副流煙吸いたくない。自分のリラックスのために人の健康を害していることに気づいてる?」というのは、もちろん正しいことを言っているにしても角が立ちます。

だから、伝えるにしても、「副流煙を吸って不健康になりたくないから、一緒にいる時は吸わないでほしい」と、お願い系にした方がまだ彼も受け入れやすいです。

むしろ、それで不機嫌になる彼は、幼稚すぎて付き合いを続けるべきか、考えた方がいいかもしれません。

言いたいことは極力その場で言う

不満や言いたいことがあるのなら、極力その場で言いましょう。

我慢の限界になってから言うと、言い方もきつくなりやすいですし、彼としても「なんであの時に言わないの?」と不満になります。

もちろん、彼の友人らが一緒にいて、今ここで言ったら彼の面子が潰れるとか、雰囲気が悪くなるかもしれない、という場合は二人きりになってから言いましょう。

あと、変に時間をおいてから伝えてしまうと、彼も「今さら?」となってしまうし、結局彼の心に届かない場合もありますよ。

一方的に言わない。彼の言い分の聞く

伝える時は、言いたいことを一方的にバーっと言うのではなく、彼の言い分にも耳を傾けることです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ