無料の会員登録をすると
お気に入りができます

100均でも買える!今こそ見直したい「#防災グッズ」実例集

ライフスタイル

今こそ、災害時に困らない備えを

災害は、私たちが全く予想できないときに突然やってくるものです。地震や台風に加え、誰も予想できない状況に陥る可能性もあります。今こそ、防災意識を高めておきたいですね。

そこで今回は、インスタで見つけた「#防災グッズ」の実例をお届けします。合わせて、100均で手に入る防災グッズもご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

防災グッズの基本

持ち出し用は人数分用意する

持ち出し用の防災グッズをまとめるのは、両手が自由になるリュックがおすすめです。そして、忘れずに人数分用意しましょう。子どもであっても、自分でリュックが背負える年齢であれば用意しておくと良いですね。

持ち出し用はさっと取り出せる場所に置く

防災バッグは、いざという時にさっと持ち出せないと意味がありません。押し入れやクローゼットの奥、手が届かない高い位置などに保管している方は要注意。玄関など、出しやすい場所に移動させましょう。

自宅避難用は水、食料を多めに用意

自宅で避難生活を送ることになるケースもあります。台風などで出歩けない、停電になるという事態も想定し、保存用の水と非常食はしっかり用意しておきましょう。

非常食は最低3日分、できれば7日分あると良いと言われています。(※ 大規模災害発生時には、7日分の備蓄が望ましいとされています。)普段の食材ストックとは分けて保管しておきましょう。

災害に対するご家庭での備え~これだけは準備しておこう!~ | 首相官邸ホームページ https://www.kantei.go.jp/jp/headline/bousai/sonae.html

車にも防災グッズを積んでおく

緊急事態が起こったとき、車の中にいるかもしれません。一晩は過ごせるように、着替えやタオル、アルミシートや携帯トイレなどの最低限の防災グッズは積んでおくようにしましょう。

車内から出られなくなってしまったときのために、緊急脱出用ハンマーも必須です。

記事に関するお問い合わせ