無料の会員登録をすると
お気に入りができます

周りと比べず、自分を肯定してあげること。田中みな実の人生軸

マイナビウーマンのコア読者は“28歳”の働く未婚女性。今後のキャリア、これからどうしよう。結婚、出産は? 30歳を目前にして一番悩みが深まる年齢。そんな28歳の女性たちに向けて、さまざまな人生を歩む28人にインタビュー。取材を通していろんな「人生の選択肢」を届ける特集です。

エンタメ

取材・文:ameri、撮影:須田卓馬、編集:高橋千里/マイナビウーマン編集部

「努力の天才」。それは彼女のことを呼ぶのだと思う。

フリーアナウンサーの田中みな実さん。TBSアナウンサーからフリーに転身後、現在はアナウンサーとしてだけではなく、モデル・女優としても活躍している。今や雑誌やドラマに引っ張りだこだ。

食べるものにとことん気を使い、ボディメイクには余念がない。“女性が憧れる女性”像を作り上げ、2019年12月に発売した写真集は累計発行部数が60万部を突破した。

華奢な体にくりっとした瞳。だけど、彼女が持っているのは“かわいさ”だけではない。そこにはブレない軸がある。そして、内に秘めた強さがある。

彼女はここまでたどり着くのに、どんな選択をしてきたのだろうか。マイナビ TGC 2020 S/S の舞台裏にて、人生のターニングポイントについて聞いてみた。

後押しがなければ進めないなら、考え直した方がいい

「自分の中で大きなターニングポイントだったと思うのは、アナウンサーになったときと、フリーを選択したとき。あとは、今回写真集を出させていただいたことも大きな転機になったかな」

そう言ってふわりと笑う。人生における大きな決断を何度も経験しているが、迷いはなかったのだろうか。

「大きな決断をしているときって実はあまり悩んでいなくて。先のことを考えると不安になってしまうから、そのときの感覚を信じて『今だな』と思ったらとにかくやってみることにしています」

何かを選ぶとき、新しい環境に飛び込むとき、そこにはいつだって不安がつきまとう。誰かに頼ってしまったり、アドバイスを求めてしまったり、なかなか一人では決められない。

「大きな決断をするときは人の影響を受けることがありません。誰かにアドバイスを求めたこともないと思います。アドバイスを求めてしまうと、逆に気持ちが揺らいでしまう気がして」

かわいらしい見た目とは裏腹な、決断するときの漢気がかっこいい。

「TBSのアナウンサーになるときもフリーになるときも、両親へは事後報告でした。進みたい道が決まっているのであれば、誰かに相談せずとも突き進んでいいのではないか、と思います」

無駄なくはっきりと話す姿は、さすがアナウンサー。言葉の端々から、頭の回転の速さと“自分の人生の舵は自分で切る”という意思の強さが感じられる。

「自分の中で答えは決まっているはず。逆に、誰かのアドバイスや後押しがなければ進めないような決断なら、もしかしたら考え直した方がいいのかもしれません」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ