無料の会員登録をすると
お気に入りができます

無印良品「キッチンに便利な傑作収納」インテリアアドバイザーおすすめ6選

インテリア

食器やカトラリー、調理道具、調味料などさまざまな大きさ、形のものがあるキッチンは、すっきり整理しにくい場所のひとつ。シンク下やつり戸棚、小物用引き出しが効率よく使える収納アイテムを、無印良品 銀座店のインテリアアドバイザーさんに相談してみました。

ポリプロピレン整理ボックスはサイズが4種類。寸法を揃えて作っているから、組み合わせて見た目美しく整頓できる点が魅力。「ポリプロピレン素材は水洗いができ、清潔に保てるのも引き出し収納向きです。引き出し収納は仕切りを作って、ぱっと見て何が入ってるか分かりやすくすると使いやすいですよ」

◆「ポリプロピレンファイルボックス」◆
何が入っているか分かりやすい半透明タイプで
使用頻度が低いものをつり戸棚に

片側に開いた穴に指を引っ掛けて引っ張り出せる使い勝手の良さも◎。「ポリプレピレンファイルボックス」①ワイドタイプ・1/2 サイズ:約H12×W15×D32㎝ ②スタンダードタイプ・1/2 サイズ:約H12×W10×D32㎝

「キッチンのつり戸棚は取り出しにくいので、シーズンものや使用頻度の低い調理グッズをしまう方が多いと思います。その場合、引き出しやすいコンパクトな収納ボックスを選びましょう」。ポリプレピレンファイルボックスは、奥行きが32㎝としっかりあるのでデッドスペースを作らず収納できる点も魅力。「半透明なポリプロピレン素材は、引き出さずに中身が確認できるので、保存食のストックにも便利。また下からでも何が入っているか見やすいですよ」

◆「ポリプロピレン平台車」◆
動かしやすく連結も自由自在!
お米や缶詰など重たいもの整理に重宝

中央に開いた穴に手を入れて引き出せる仕様になっているので女性にも使いやすい。「 縦にも横にも連結できるポリプロピレン平台車 」各サイズ:約H7.5×W27.5×D41㎝  耐荷重:80㎏

キッチン下のデッドスペースは、水や米など比較的重たいものを収納することが多い場所。簡単に取り出すことができる平台車があると便利です。「この平台車は縦にも横にも連結でき、載せる物の大きさに合わせてサイズ調整が可能です」。今回は大きめのステンレスワイヤーバスケットに合わせて、平台車を4台連結。「収納アイテムはキャスターがないものがほとんどですが、平台車の上に置くと格段に使いやすくなります。また、無印良品の収納ボックスとならサイズも合わせやすいので、ぜひ組み合わせてみてください」

・・・・・

無印良品の収納アイテムの多くは、日本の住宅に使われている「尺」をもとに基本となる寸法を決め、その寸法から収納家具、収納用品が作られているそう。そのため日本の住宅の収納サイズに合う製品が充実しているのだとか。そんな細かな計算が使いやすさを裏付けているんですね。悩んだときは、インテリアアドバイザーの方に相談しつつ、使いやすく整頓されたキッチン作りを目指しましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ