無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[ダイエット食材]鶏むね肉をパサつかずに調理する方法とは?

レシピ

高たんぱく質・低脂質なため、ダイエット食材として活用されることの多い鶏むね肉。一方で「パサパサとした食感が苦手」「レパートリーが少なく飽きてしまう」とお悩みの方もいるかもしれません。ダイエット中におすすめな、鶏むね肉の調理法をご紹介します!

調理のコツ:その2「加熱しすぎない」

鶏むね肉は水分が抜けるとパサパサになるだけでなく、硬くなってしまいますよね?これは、加熱しすぎたことが原因かもしれません。しっとり&やわらか食感にしあげるため、「余熱」をうまく利用しましょう。強い火で長い時間の加熱をしてしまうと、当然、お肉の水分は蒸発していってしまいます。

また、お肉を冷蔵庫から取り出した直後に使用するのはNG。鶏むね肉全体に、短時間で効率よく熱がいき渡るよう、調理の30分程度前には冷蔵庫から出し、常温に戻しておくのがおすすめですよ。

調理のコツ:その3「衣でカバー」

鶏むね肉から水分が出ていかないよう、衣でカバーをしてしまいましょう!ただし、分厚い衣はダイエットメニューとして望ましくありません。衣だからといって、揚げ物を連想してはいけませんよ?

例えば、茹で鶏や蒸し鶏を作る際、薄く片栗粉や小麦粉でコーティングしましょう。お肉の水分をぎゅっと閉じ込め、ジューシーな仕上がりになります。または、卵液にくぐらせて、グリルするのもおすすめです。試してみてくださいね。

まとめ

鶏むね肉は、高タンパク・低脂質・低カロリーと、ダイエットの強い味方となる食材です。同時にビタミンB6も摂取できるため、美肌効果&ダイエット効果が高まると考えられます。

少しの工夫で、しっとりとしたおいしい鶏むね肉料理を味わうこともできます。食卓のメインとなる鶏むね肉のおかずに加え、野菜の副菜などを添えることで、バランスの良いダイエットメニューでがんばっていきましょう。

【飽きずに美味しく!】ヘルシーな「鶏むね肉」がメインの1週間レシピ
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ