無料の会員登録をすると
お気に入りができます

やっぱり「突っ張り棒」最強説!狭い&物が多い「玄関収納」プチプラグッズで簡単!整理術

インテリア

普段使いやシーズンものの靴、他にも雨具、靴のケア用品、外出に伴う物など、置きたい物はたくさん!
しかしスペースは限られていて、収納に困ることの多い場所のひとつです。
見た目はスッキリさせつつ、玄関にある収納は無駄なくスペースを活用して、より多くの物を片付けたい!
ファミリータイプのマンション在住、「物が多めの我が家で、スッキリ暮らす!」を目標に、整理収納アドバイザーでヨムーノライターの上田麻希子が、実践中の玄関活用法や収納法をご紹介します。

【読者のみなさまへ】「いま、ヨムーノがお役に立てること、考えてみました」

扉のタイプ別!玄関の収納法
玄関には靴はもちろんのこと、雨具や靴のお手入れ用品、子どもがいれば外用の遊び道具など、置いておきたい物はたくさんあります。
そういった物を、どうやって収納していますか?

そういった「両開きの扉」「傘がかけられるパイプがある扉」「廊下側から取り出せる扉」と、3つのタイプがあります。
そういったそれぞれ、使い方を分けて収納しています。

玄関の収納法~両開きの扉の場合~
ここは、主に家族の靴を収納しています。
もともと自分の靴が多くありましたが、子どもが産まれてから自分のスペースに入る分だけにしようと決め、見直しました。
今は新しく購入したら、古い靴は処分するサイクルにしています。
靴はそのまま置くより、「シューズホルダー」の使用がおすすめ。
約2倍の量を収納できるので、靴の量が多い方はぜひ取り入れてみてくださいね。
我が家では、数年前にホームセンターで購入したシューズホルダーを使っています。今は100均でも販売されているので、よりお手ごろに揃えられそうです。
同じシューズホルダーを揃えて使用すれば、見た目もスッキリと収まると思いますよ。

靴はあちこちに分散させず、各人の靴の棚を決めて収納すると、ごちゃごちゃ見えずスッキリとした印象になります。
身長順に上から主人、私、息子と、取り出しやすいよう配置しています。

セリア「A4トレー」
トレーを使い引き出せるようにすると、出すのはもちろん、しまうのも簡単に。掃除をするときも楽になります。

サンダルなどを収納すると、上の空間があいてしまい、デッドスペースになりがち。
棚板を追加してつけるのも良いのですが、我が家では100均の突っ張り棒を使用しています。
サンダルはまっすぐつけていますが、ヒールなどを置く場合は前後の棒の高さをずらしてつけると、よりスペースの有効活用が可能になります。

棚の下部分は、私と息子の靴を収納しています。
一番下の段には、ブーツと長靴をトレーに入れています。
長靴は折りたためるデザインの物で、場所をとらず収納しやすいのが嬉しいポイントです。
息子の靴は現在15cm。
通園で毎日履く物は出しっぱなし。その他は、ファイルボックスに入れて引き出せるようにしています。
2足を1つのケースに、縦置き収納でスッキリ!

玄関の収納法~傘用パイプがついている扉の場合~

上にはルーターがあり、下には傘をかけるためのパイプがもともと設置されています。
ここには、頻繁に履かない靴や息子のシーズンオフ靴、雨具、靴ケア用品などを収納しています。

ルーターの横には冠婚葬祭時の靴と、今ほとんど行けなくなってしまった私のゴルフシューズを、ダイソーのシューズボックスに入れています。
ボックスの中には乾燥剤も一緒に投入。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ