無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ぽっこりお腹を解消!5分でできるストレッチ|筋トレ効率もアップ!

美容

***Column***

内臓を支える筋肉の外側を覆う大きな筋肉が硬いと、筋トレをしたときにインナーマッスルへの効果が出にくくなります。腹直筋(ふくちょくきん)や大腿四頭筋(だいたいしとうきん)などの大きな筋肉をしっかりストレッチで伸ばしたうえで、腹横筋(ふくおうきん)や腸腰筋(ちょうようきん)などのインナーマッスルに効果のある筋トレを行うことで、運動効率はさらにアップします。鼻から吸って口から吐く呼吸がうまくできない場合は、入浴中に練習すると水圧が負荷になり、簡単にできるようになります。

【オススメ記事】

5秒腹筋がぽっこりおなかに効く! トレーナー直伝エクササイズ
便秘・ポッコリおなか対策に<腸ヨガ>初心者にもオススメのポーズはコレ!

上体反らしストレッチ

▼【1】床に両手両足をついて、腕立ての状態になります

fashionbox.tkj.jp

▼【2】上半身のみ起こしていきます。ゆっくり鼻から息を吸って、口から吐きながら30秒くらい伸ばしましょう
* 骨盤の骨(赤丸部分)をできる限り床につけてください。

fashionbox.tkj.jp

※【1】~【2】を3セット行ってください。

▷ NG! こうならないように気をつけて!

fashionbox.tkj.jp

***Column***

腕立ての姿勢から上半身のみを起こす簡単な動きで、腹部と背中の柔軟性を高めるストレッチです。自分の体の上半身の中で、お腹、腰、背中、胸のどこが硬いかを意識して、硬い部分をしっかり伸ばせるようにしていきます。ただ、必要以上に伸ばそうとすると腰を痛めてしまうので、硬い人は反りすぎには十分注意しましょう。反らす支点は腰ではなく、股関節(恥骨)を意識して、骨盤を立てて上体を起こす感覚で行ってください。

【オススメ記事】

【膣トレ】やせたきゃ膣を締めるべし! くびれ母ちゃんが教える24時間の膣トレーニング

もも前うつ伏せストレッチ

▼【1】うつ伏せに寝ます
*顔は横に向けてOKです。

fashionbox.tkj.jp
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ