無料の会員登録をすると
お気に入りができます

いつまでもキレイでいたい!「若見え女子」と「老け見え女子」の違いって?

美容

若い頃は見た目年齢なんか考えたことすらなかったのに、アラサーを過ぎて「少しでも若く見られたい!」と思うようになった……なんてことはありませんか?

若い頃は見た目年齢なんか考えたことすらなかったのに、アラサーを過ぎて「少しでも若く見られたい!」と思うようになった……なんてことはありませんか?

素敵に年齢を重ねていき、いつまでも若々しくありたいというのが女子の理想ですよね。

そこで今回は“若見え女子と老け見え女子の違い”についてご紹介します。

どうすれば見た目年齢が若くなるのか、セルフチェックもかねて参考にしてみて。

ぺったんこorふわっとヘアー

「きっちりまとめたポニーテールやお団子ヘアは、老けて見える気がする。

なので私はおくれ毛必須ですね。あとは前髪も軽く巻いたほうが、断然若い印象になります」(30歳/一般事務)

年齢とともに髪もハリやコシがなくなります。そのうえトップががぺったんこ、毛先がパサパサとなると、どうしても老けて見えがちに……。

若見えさせたい場合、髪型はひし形のシルエットを意識するのがいいといわれています。

そのため毛先だけ軽く巻く、ポニーテールはおくれ毛で動きを出すのも、若見えのコツですよ。

マット肌orツヤ肌

「私の場合、マット肌にすると5歳は老けて見える。逆にハイライトでツヤを仕込むと、内側から発光したみたいできれい!

昔は大人っぽく見せたかったのでマット派だったけれど、いまはもう断然ツヤ肌派ですね」(28歳/IT)

若見えするには、赤ちゃんのようなみずみずしいお肌が必須!

話題になっているツヤ肌メイクは、若見えに効果大なようです。

一方で、マットな肌は厚塗りでのっぺりした印象になりがち……。

上手にできれば大人っぽく見せられますが、ファンデーションが小じわやほうれい線に入り込むと、余計老け見えの原因になってしまいます。

肌トラブルを隠すために塗り重ねたくなりますが、厚塗りを避けてできるだけ素肌感は残したいですね。

コンシーラーを駆使するのも一つの手ですよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ