無料の会員登録をすると
お気に入りができます

まさかのアレを投入!? 新感覚サンドイッチレシピ公開

レシピ

フランスパンは砂糖やバターなどを使っていないため、小麦のシンプルな味わい。食材の味を引き立てます。

迷ったらとりあえず角型を使い、慣れてきたらほかのも試してみるのがいいですね。

それではプロが教えるごちそう食パンレシピ、「ベジタブル サンドイッチ」をご紹介します!

まさか、こんなに合うとは!岩下の新生姜サンドイッチ

今回の食パンレシピは、みずみずしく辛味が穏やかな新生姜の酢漬けを、サンドイッチに挟む食材に使ってみました。最初は「合わないんじゃないかな」と思っていましたが、食べてみると、新生姜の酸味とシャキシャキ感で食が進みます。

食べた後に鼻に抜けるかすかな生姜の香りも爽やか。後味にはさっぱりした生姜の風味が残ります。豚ロース肉付きでボリュームがあり、レタスやキャベツのコールスローのシャキシャキ感も加わります。

断面は新生姜の丸型が4本覗く面白い形で、SNS映えもしそうです。新生姜の豚ロース肉巻きを焼くときは、新生姜の汁と酒を少々入れるのがポイント。フタをして蒸し焼きにすることで豚ロース肉が硬くならずフワっとして、新生姜の香りもつきます。

それではレシピを見てみましょう。

とろけるチーズ入り岩下の新生姜の豚肉巻きサンドイッチ

<材料>
・角型食パン……2枚
・岩下の新生姜……4本
・豚ロース肉……4枚
・とろけるチーズ……1枚
・レタス……2枚
・キャベツのコールスロー……適量
・酒……少々
・バター……適量
・辛子マヨネーズ……適量
・塩……少々
・こしょう……少々

1:岩下の新生姜の周りに豚ロース肉を巻きます

岩下の新生姜4本の周りに、塩、こしょうで下味をつけた豚ロース肉を巻きます。つまようじを刺さなくても、くっついて固定されます。

2:中火で焼き、焼色がついたら生姜の汁と酒を少々入れます

中火にしたフライパンに①を入れて焼きます。焼き色がついたら新生姜の汁と酒を少々入れて、フタをして蒸し焼きにします。

3:食パンにバターと辛子マヨネーズを塗り、とろけるチーズをのせます

2枚の角型食パンの両方に、バターと辛子マヨネーズを塗ります。片方のパンには、とろけるチーズものせます。

4:折りたたんだレタスとキャベツのコールスローをのせます

とろけるチーズをのせていない食パンの方の上に、折りたたんだレタスとキャベツのコールスローをのせます。

5:冷ました新生姜の豚ロース肉巻きを4つのせます

②で作り粗熱を取った新生姜の豚ロース肉巻き4本をのせます。このとき、食パンからこぼれないよう気をつけましょう。

6:もう1枚の食パンで挟んだら、ラップに包んで2つに切ります

もう1枚の食パンをのせて軽く押さえたら、ラップで包んで2つに切れば完成です。

サンドイッチ作りにはよく切れるパン切りナイフが欠かせません。ちなみに、こちらはサンロクマルおすすめのパン切りナイフです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ