無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[床掃除]“ドライシート最強“はクイックルでもウェーブでもなく……

インテリア

掃除機を出したり戻したり、トイレやお風呂をゴシゴシ……。毎日の掃除を完璧にしようとして、ヘトヘトになっていませんか? いつもの掃除は、道具や洗剤ではなく「手順」が大事です。ということで、雑誌『LDK』とお掃除のプロが超簡単なお掃除レシピを大公開! 今回は、床掃除がラクになる「ドライシート」のおすすめとお掃除術をご紹介します。

<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『LDK』2020年6月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

超絶カンタン! ヘトヘト掃除は「順番」を見直すだけで解消できる

リビングやトイレにキッチン、家の中の掃除は毎日欠かすことができませんよね。しかし、全部を完璧にしようとして、掃除が終わる前に疲れてしまっていませんか?

毎日の掃除でヘトヘトになってしまうのは、手順も何も考えずにむやみやたらにやってしまっているから。掃除を頑張らないで手間抜きするためには、洗剤や道具よりも「手順」を見直すことが大切なんです。

掃除機を「フロアワイパー」に替えて毎日NOストレス

最近ではスティックタイプで手軽なものが出ているとはいえ、毎日掃除機をかけるのは重いし、出し入れなど考えると結構負担。「ハンディモップ→掃除機→フロアワイパー(ウエット)」の手順で毎日掃除するのは大変です。

そこで、重たくて腕がしんどい掃除機は、軽くて出し入れが簡単な「フロアワイパー」に替えて掃除をラクにしちゃいましょう!

掃除機は週1だけにして「ハンディモップ→フロアワイパー(ドライ&ウエット)」の手順にすれば毎日の掃除のストレスが少なくなります。フロアワイパーでも、いつも通りピカピカになりますよ。

フロアワイパーのラクテクニック

1:ヘッド部分をできるだけ浮かさない

パタパタとヘッドが浮いてしまうと、ゴミが散ったり取りこぼすので、軽く押し付けながらスライドさせるのが正解です。

2:木目に沿って横にスライドさせる

フロアワイパーは、前後に動かすより左右に動かした方が、体の可動域が広く短い時間で効率よく終わらせられます。広いリビングの床だからこそ“押しかけ”は非効率。床から離さず“横かけ”すれば大幅時短に!

床がピカピカになるのは? ドライシート9製品を比較検証

ということで、テストする女性誌『LDK』は、ドライシート9製品を集めて比較検証を実施。お掃除のプロと一緒に「使用感」や「汚れ落ち」、1枚当たりの「コスパ」をチェックしました。

ホコリや髪の毛をしっかりキャッチして、毎日の床掃除をラクにしてくれるのはどの製品だったのでしょうか? それでは、おすすめ順に検証結果を発表します!

※1枚あたりのコスパは検証当時の実勢価格から計算したものです。

ヒューリンク「お掃除簡単フローリングシート」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ