無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[最強ホットプレート]“煙・油ハネほぼナシ”でお家BBQしませんか?

インテリア

そのため、骨付き肉やステーキはじっくり焼けていい感じに。ただし、外側に香ばしい焼き色はつきにくいようでした。

気になる焼き加減は? 色んな食材を実際に焼いてチェック

何といっても、一番気になるのはその焼き加減ですよね。ということで、お肉や魚、野菜など実際に色々な食材を焼いてチェックしてみました!

豚バラも牛カルビも脂が落ちて旨い!

数分間予熱をしてから焼くことでほどよい焼き色がつき、焼肉用の肉なら、あっという間に火が通りジュワッと油が溶け出してきます。

1:豚バラ

2:牛カルビ

長く焼いても焦げすぎませんが、肉が硬くなるので要注意です。

野菜は焦げずにジューシーに仕上がる!

BBQや焼肉では野菜をついつい焦がしてしまいがちですが、遠赤外線の熱でじっくり焼けて甘みが増しました。玉ねぎ、ピーマン、ミニトマトを焼いてみた結果は以下のとおりです。

1:玉ねぎ
焦げすぎることなく、透き通った飴色に焼き上がります。甘みも出て旨い!

2:ピーマン
プレートとの接地面が少ないにもかかわらず上からの熱で上手に焼けました。

3:ミニトマト
上下からの熱により数分で甘く柔らかく焼き上がります。ジューシーさは満点!

トーストや目玉焼きも上手に焼けた!

「ザイグルパーティー」はテーブルに出しっ放しできるので、朝食にもぴったり! トーストや目玉焼き、魚なども美味しく焼くことができました。

1:チーズトースト

遠赤外線の効果で表はサクッと中は柔らかく焼けます。仕上げにチーズを乗せて溶けたら完成!

2:焼き魚

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ