無料の会員登録をすると
お気に入りができます

最近しっかり眠れない…キレイな女性は質の良い睡眠でできる!アラフォー女子の不眠改善方法

ライフスタイル

不眠の原因って?

saita-puls.com

30代後半~40代前半のまだ閉経ではないのに、更年期障害と同じような症状に悩まされるケースが最近は増えています。これが「プレ更年期」と呼ばれる状態です。
女性の体は、実は30代半ばが女性ホルモン分泌のピークです。その後、30代後半から少しずつ女性ホルモンは減り始めるので、プレ更年期になると、少しずつ心と体の不調が出やすくなります。それにともなって睡眠の悩みも増え始めます。

自律神経には交感神経と副交感神経があります。日中に活動する時は交感神経がメイン、寝る時は副交感神経がメインにはたらきます。

プレ更年期で女性ホルモンが少なくなると、ホルモンのバランスの乱れについていけず、自律神経が不安定になります。その結果、睡眠に関係する副交感神経への切り替えがうまくできなくなり不眠の原因となります。

さらに、プレ更年期の体の変調や過労や仕事や育児などのストレスが加わると、睡眠に悪影響が生じてしまいます。

続いて、プレ更年期の不眠を改善する方法をご紹介します。

1.生活習慣の工夫で睡眠の質を向上!

saita-puls.com

寝る時間にはこだわる必要はありませんが、朝はできるだけ同じ時刻に起きて、太陽の光を浴びるようにしましょう。

食事は寝る3時間前、お風呂は寝る1時間前が睡眠の質を上げるベストなタイミングです。熱いお風呂にはいると、交感神経を刺激してしまうので、ややぬるめの温度(38~41℃)でゆったりと湯船につかるようにしましょう。

2.安眠のための飲み物を取り入れてみる!

saita-puls.com

寝る前は、アルコールやカフェインなどの神経を高ぶらせる刺激物を避けましょう。
カモミール、レモンバームなどリラックスして安眠を助けるハーブティーもおススメです。

3.一時的でも良いので即効性が欲しい!という場合は「睡眠改善薬」を

「明日はどうしても早起きしたい」「即効性が欲しい」という場合には「睡眠改善薬」を試す方法もあります。

例えば、薬局で購入することができる「ドリエル」という睡眠改善薬は、寝つきが悪い、眠りが浅いといった一時的な不眠症状に使用されます。
脳を興奮させるヒスタミンの働きを抑えることで、一時的な睡眠の改善に役立つ薬です。

4.根本的に不眠を治したい人には漢方薬がおすすめ

「西洋薬の副作用が心配」「一度飲み始めたらやめられないのではないかと不安」
そんな方には漢方薬がおすすめです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ