無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ダイエット中でもパンが食べたい!パン好きのための太りにくいパンの選び方

ビューティ

「パンが好きだけど太るから」という理由で、ダイエット中は我慢している人もいるかもしれません。でも、選び方さえわかればダイエット中でもおいしいパンを食べることができます。
今回は、パンが太ると言われる理由と、太りにくいパンの選び方についてご紹介します。

パン大好き!ダイエット中でもパンが食べたい!

bybirth.jp

太るとわかっていても、パンが好きすぎて我慢できない人も多いのではないでしょうか?ダイエット中は我慢も必要ですが、我慢ばかりじゃストレスがたまってしまい、かえってダイエットが成功しにくくなってしまいます。

そこで今回は、「ダイエット中でもパンが食べたい!」という人のために、太りにくいパンの選び方について解説します。大好きなパンを我慢しなくても、ダイエットを成功させることはできますよ。

ダイエット中にパンを食べると太る?

スーパーのパン売り場や、パン屋さんの前を通りかかると、いい香りが漂ってきて誘惑されてしまいますよね。パンは太るイメージがありますが、太りやすいNGパンを避ければ、必ずしも太るとは限りません。

パンが太りやすいと言われる理由

bybirth.jp

パンが太りやすいと言われる理由は、砂糖やバターを大量に使用しているからです。味があまりない食パンでも、カロリーはかなり多め。

そして、もう1つの理由はパンに含まれる糖質の多さです。パンはGI値の高い食品で、血糖値が急上昇することで脂肪がつきやすくなると言われています。

さらに、パンと一緒に食べるものが油っこい食べ物だったり、パンにジャムやマーガリンを塗ったりすることで、さらに高カロリーになります。

でも大丈夫!パンの選び方を間違えなければ、太りにくくなります。

太りやすいNGパンはどれ?

bybirth.jp

では、太りやすいNGパンとは、どれなのでしょうか?

おもに、砂糖やバターを大量に使っているパンや、白くてやわらかいパンが太りやすいです。油で揚げているパンも、見るからに高カロリーですよね。

たとえば、クロワッサンやデニッシュなどは砂糖やバターが大量に使われていますし、ふかふかの食パンはGI値の高いパンです。また、揚げパンやドーナッツ、あんパンやクリームパンも太りやすいパンの定番です。

ダイエット中でも食べられる「太りにくいパン」の選び方

では、ダイエット中でも食べられる「太りにくいパン」の選び方についてご紹介します。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ