無料の会員登録をすると
お気に入りができます

アレンジ初心者におすすめ! 基本の”くるりんぱハーフアップ”徹底解説

どんなシーンにもマッチする「くるりんぱのハーフアップ」。この便利なヘアスタイルを使いこなすために、初心者さんにも、もう少し上手になりたいと思っている方にも役立つくるりんぱハーフアップの基本の作り方をご紹介します!

2017年3月
ヘアスタイル

一連の流れを動画でも確認してみて下さいね。

失敗しやすいポイント

ゴム見え、割れ、戻りに注意!

くるりんぱは簡単なアレンジですが、失敗しやすいポイントもあります。ゴムが目立つ、くるりんぱした部分の髪が2つに割れ地肌が見える、髪が戻って緩み過ぎてしまうなどが主な問題。解決策をチェックしましょう。

tiful.jp

おしゃれくるりんぱへの道

1. 目立たない細ゴムを使用

ゴムは目立たない細いゴムを使用することで、ボリュームの下にうまく隠れてくれます。

2. 割れ対策①「3分割」

ハーフアップ部分が割れて地肌が見えてしまう対策その①は、ハーフアップ部分を結ぶ前に3分割し、その両端を結んでくるりんぱすることです。

PINOKO

既に中央に穴が開いている状態ですから、髪が部分的に強く引っ張られることがなく地肌も見えません。動画でもチェックしてみて下さいね。

instagram.com

3. 割れ対策②「斜め割り」

通常は中央を縦に2つ割りし正面から毛先を通しますが、そのようにせず斜めに指を通して割り、毛先も斜めに通します。それにより境界線が曖昧になり、ぱっくり割れが防げます。

PINOKO

ギュッと締める角度も斜めに。動画で確認してみて下さい。

instagram.com

4. 「のこりんぱ」で毛量ダウン

「戻り」は毛量が多く、太い髪の方に多い傾向。くるりんぱする髪を減らすため、サイドから少し取って後ろで結びくるりんぱする「のこりんぱ」ならよく馴染みます。

記事に関するお問い合わせ