無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ケチな人の意外な心理とは

ライフスタイル

ご飯を食べに行くと絶対に割り勘、出掛けるときもお金がかからない場所……。あなたの周りにケチな人はいますか? 心理カウンセラーの小日向るり子さんは、ケチな人にはある特徴が見られるといいます。その特徴とは何でしょうか。また、うまく付き合っていくにはどうすればいいのでしょう?

あなたの周りに「ケチだなぁ」と思う人はいますか?

もしその人があなたの気になる男性だったら、この人と付き合ったり結婚したりしても大丈夫かな? と不安になることもあると思います。

ケチな人とはどのように付き合っていけば良いのでしょうか。

今回は「ケチな人」の特徴やケチになってしまう心理、さらに上手な付き合い方まで考えてみたいと思います。

「ケチ」の意味とは? ケチな人とはどういう人?

ケチとは、金銭や品物を惜しんで出さないこと、またはそのような人のことを指します。

全員からお金を集める場面になるとどこかに行ってしまったり、自分の物を人に貸すことを惜しんだりする人が、一般的にケチな人と呼ばれます。

ケチな人の特徴

ケチな人の特徴というと、何があるでしょう。ここからはケチな人の特徴を挙げていきます。多く当てはまるほどケチ度が高いといえるでしょう。

(1)「もったいない」とよく言う

もちろんもったいない精神も大切ですが、口癖のように「もったいない」と言う人は、自分のお金や物に過剰な執着があるのかもしれません。

(2)お金を払う場面を避けることが多い

歓送迎会や誕生日のお祝いなど、お金がかかる集まりを避ける傾向にあります。

(3)1円単位で割り勘をしようとする

二人で食事に行った時に、どんなに細かいお金でも割り勘にしようとします。絶対に損をしたくないという心理が、1円単位での割り勘につながるのです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ