無料の会員登録をすると
お気に入りができます

男性がくぎづけ!露出してないのに「色っぽい」女性の特徴

恋愛・結婚

ラフな格好をしていても、なぜか醸し出す色っぽい雰囲気。そんな女性、同性から見ても憧れますよね。

ほっぺたの印象で顔の雰囲気は結構変わるもので、たとえばお出かけメイクとして、レッド系のチークを薄くぼかしてふんわり入れると、お風呂上がりのような艶っぽさを強調できます。

また、ラメの入ったチークを使えば、夜のお出掛けときに映える色っぽい大人顔にもなります。

でもほっぺたが下がっていては、どんなに上手な化粧をしても映えないかも。

まずはほっぺたを上げるように心掛けるといいでしょう。マッサージなどでもあがりますが、キープするのは日頃の心掛けが大切。

眺めているだけでつい笑顔になってしまう「動物の画像」や「彼の画像」などをスマホに入れておき、笑顔を忘れがちなときは眺めてほっぺたを上にあげるように心掛けていくのも、おすすめ。

口角をあげるよりも、ほっぺたを上げるほうが顔の筋肉をたくさん使うので、小顔にもつながるかも!これなら今からでもできそうですね。

会話の中での「間」の作り方が上手な女性

話し方で人の印象はとても変わるもの。そのため表に立つ人は、話し方の訓練をする人いるといいます。

話し方は、丁寧でしとやかなイメージになるように心掛ければ、艶っぽい雰囲気が出しやすくなるはず。

その「間」を大切にするのがポイントです。

一瞬の「間」がこわいばかりに、話しをし続けてしまうと、相手をせかしているようにも見えてしまいます。

一つひとつの言葉を大切に語るように心掛けることで、丁寧なイメージが生まれ、それが色っぽい雰囲気につながっていきます。

上目遣いをしない女性

上目遣いはかわいらしい印象で、色っぽいというよりは少し幼い印象を受けます。

また、少し媚びているように見えるため男性の中にも好き嫌いが分かれる傾向にあります。

それよりも効果的なのは、「好き」という気持ちを伝えるように真っ直ぐと男性の目を見ること。

同時にやさしく微笑みかけることで、色っぽさに加えて親しみやすさをわかせることができるでしょう。

あざとくない色っぽさを意識しよう

色っぽさは、媚びを含むと嫌われやすいもの。感じよく堂々とした大人の色気を身につけていきたいですね。

今回ご紹介した特徴は、少し意識をするだけで効果抜群なものばかりなので、もしよかったら試してみてくださいね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ