無料の会員登録をすると
お気に入りができます

今からできる防災対策!大雨&台風の“もしもの備え”13選

ライフスタイル

令和の秋は大雨&台風に備えるべし!

大雨や台風による災害は毎年発生しています。これからは地震だけでなく、風水害にもしっかりと備えるのが大切です。また、しばらくはコロナの心配もあるので、感染対策も準備しておかなければなりません。

そこで今回は、令和の秋に備えたい大雨&台風の防災対策をご紹介します。日頃から準備できる対策と、前日に準備したい対策の2種類をご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

要確認!日頃からできる防災対策

もしもの時のために、前もって準備をしておくのが大切です。まずは、毎日の生活の中で備える防災対策をご紹介します。

1.飲料水を備蓄する

災害で断水が起きてしまったときのために、飲料水を備蓄しておきましょう。水分補給だけでなく、ペットボトルに穴を開ければ、簡易シャワーとしても活用できます。飲料水は、1人1日3Lが目安です。

2.非常用の食料を備蓄する

災害時は食料の確保も難しくなってしまいます。防災対策として、まずは1人3日分を用意するのが目安です。ストレス解消におやつもあるといいですが、気温で溶けにくいものを選ぶのがポイントです。

3.乾電池を備蓄する

大雨や台風でも、停電を覚悟しておくのが大事。普段から乾電池を多めにストックしておきましょう。乾電池は100均でも買えますが、非常時は完売してしまう可能性があるので、早めに確保しておくのがおすすめです。

4.カセットコンロを用意する

ライフラインが途絶えてしまったときは、カセットコンロが重宝します。レトルト食品を温めたり、温かい飲み物を作ったり、さらには殺菌・消毒のためのお湯を沸かしたりと、幅広く活用できます。

5.虫除けグッズを準備する

記事に関するお問い合わせ