無料の会員登録をすると
お気に入りができます

愛されやすい!「女性扱いされる人」と「されない人」の差って?

恋愛・結婚

きっと誰だって、好きな人や彼氏には女性扱いされたいはず。

フランク感が強いと、お互いに恋愛モードよりも、友だちモードになってしまいがち。

恋に進むきっかけもつかみにくいです。

好きな人の前では、ちょっとしおらしい雰囲気を演出するくらいが、女性らしく見えてちょうどいいでしょう。

下ネタや悪口に乗るか否か

楽しそうに下ネタや誰かの悪口を言ってしまうと、自然と女性扱いされづらくなります。

男性からすると、下ネタや悪口を言う女性は、異性として意識しにくいのでしょう。

それに、「デリケートではない=多少雑に扱っても大丈夫そう」と思われるからか、大切に扱われにくいです。

下ネタの話になった瞬間に、冷めた態度を取るのも極端ですが、あえて自ら口にしないほうが「上品な女性」というイメージがつきやすいのも事実。

さらに、振られた下ネタや噂話をうまくかわせるほどになれば、いい女と思われること間違いなしですよ。

ワザとサバサバ系を演じる必要はない

周囲の男性から女性扱いされる人は、見た目以外に言動などからも、女性らしさが際立ちます。

「自分には女性らしさは似合わないから」と、ワザとサバサバ系やボーイッシュ系を演じている人も、なかにはいるかもしれません。

でも大丈夫。

女性が女性らしくして、似合わないはずがないのです。

普段と違って恥ずかしい、という気持ちは一旦しまっておいてください。

毎日少しずつ女性らしさを意識した言動を取るだけでも、いつの間にか板につき、気づくとすっかり女性らしい自分になっているはずですよ。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ