無料の会員登録をすると
お気に入りができます

愛されやすい!「女性扱いされる人」と「されない人」の差って?

恋愛・結婚

きっと誰だって、好きな人や彼氏には女性扱いされたいはず。

でも不思議と、美人なのに男性に女性扱いされていない女性もいれば、その逆の場合もありますよね。

丁寧に女性扱いされている人と、そうでない人の差は、外見ではないのなら一体なんなのでしょうか。

そこで今回は、女性扱いされる人と、されない人の差をご紹介しますよ。

意外となにげないことが、決定打になっているようです。

ぜひチェックしてみてくださいね。

声の大きさや言葉づかい

声の大きさや言葉づかいによって、相手からの接し方がかなり変わることも……。

たしかに話し方は、人の印象を決定づける要素になることが多いです。

女性扱いされにくいパターンとして、声が大きくズバッとものを言うタイプの女性があげられるでしょう。

サバサバとした印象で、マニッシュなイメージを持たれやすいからかもしれません。

大きい声や男性的な言葉づかいをしている場合も、男性から「多少きつく言っても、雑に扱っても、この人なら大丈夫だ」と受け止められる傾向に……。

女性扱いされやすくなるために、普段の話し方を振り返ってみてはどうでしょうか。

声の大きさや話し方に気をつけるだけで、周囲の態度がガラッと変わるかもしれませんよ。

会話中の反応や笑い方

会話中の反応や笑い方も、周りからの扱いを左右するポイントになりがちです。

オーバーリアクションな子、豪快に笑う子は話しやすくて、「女友だち」としてはベストかもしれません。

ただし、快活・豪快な印象を与え続けていると、男性からの接し方もフランクになるので、女性扱いされにくくなってしまいます。

恋愛対象の女性として見てもらうには、フランクな雰囲気になりすぎないよう、雰囲気をうまくコントロールしてください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ