無料の会員登録をすると
お気に入りができます

物事にこだわり過ぎてしまう人の意外な特徴

ライフスタイル

自分の考えに固執し過ぎて、気が付けば周りから浮いている。そんな自分に悩んでいる人もいるのではないでしょうか。今回は心理カウンセラーの服部希美さんに、なぜ人は物事に固執してしまうのか、どうすればやめることができるのかについて伺ってきました。

(1)人のアドバイスを煩わしく感じる

自信を持つことは大事なことですが、自分以外の人の意見を煩わしく感じる場合、主観に偏り、思い込みが激しくなっている状態かもしれません。

(2)客観性が無くなる

知らず知らずのうちに自分本位な行動を起こしてしまう時は、「自分の考えは周りからはどう思われるだろう?」といった視点が抜けてしまっていることがあります。

(3)頑固である

一度口にした言動を引っ込められない、そういう頑固さを持っていると物事に固執しやすくなります。相手の意見を取り入れることは負けだ、という競争意識がある方も多いかもしれませんね。

(4)完璧主義である

何事も完璧でないと意味がないと感じている人ほど、間違いや失敗が怖くなり、自分のやり方に固執しやすくなります。

(5)熱中し過ぎて周りが見えなくなる

情熱的でパワーがある人ほど、自分の考えだけで突っ走ってしまいがちです。周りを置いてきぼりにしてしまうため、自分勝手な人と誤解されてしまうことも。

いかかでしたか?

もしも、今のあなたに当てはまる項目があっても安心してくださいね。ここから一緒に、「固執」する心をあなたの長所に変えていきましょう。

なぜ固執するのか? その心理的原因

固執をしてしまうには、必ずその人なりの心理的理由があります。続いて、固執してしまう原因になりやすい心理をひもといていきましょう。

(1)過去に信じていた人に裏切られたことがある

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ