無料の会員登録をすると
お気に入りができます

言葉から察する能力が高い人の特徴5つ

ライフスタイル

「また今度こちらから声を掛けますね」。あなたは、この言葉をどう読み取りますか? このように「行間を読む」のは、とても難しいですよね。今回はそんな力を養う方法を、心理カウンセラーの高見綾さんの教えてもらいます。

こういった人は、自らの経験則などから行間を読み、少ない情報でも業務の全体像を把握することができます。

(2)気配り上手

視野が広く観察力に優れているので、困っていそうな人がいればすぐに気付くことができます。また、気付くだけではなく、「何か力になれることはありますか?」と声を掛けるなど実際に行動できる点も特徴です。

(3)周りの人の特徴をつかんでいる

例えば、「あの上司は、せっかちな人だから何でも早め早めに報告しよう」とか、「あの後輩は、一人で抱え込む癖があるからまめに声を掛けよう」など、周りの人の特徴をつかんでその人に合った対応をしていることが多いです。

(4)一歩先を予測できる

「自分がこう言ったら、相手はどう返してくるだろう」など、常に一歩先を予測しながら仕事をしています。相手の出方に応じて、自分の対応を複数考えておくなど、準備には時間をかけます。

(5)相手のニーズがくみ取れる

商談相手の言葉を文字通りに受け取るのではなく、言葉にならない隠れたニーズをくみ取ることができます。そのため、よりニーズに合った提案をすることができ、お客様の信頼を得ていきます。

行間を読むことのメリット・デメリット

メリットしかないように見える「行間を読む力」ですが、デメリットもあるのでしょうか? 確認していきましょう。

メリット

(1)応用力が身に付く

言葉を文字通りに受け取ることがないので、物事の表面的なことに振り回されなくなります。相手の真意をくみ取ることができるので、さまざまな場面で応用力が身に付き、臨機応変に対応できます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ