無料の会員登録をすると
お気に入りができます

言葉から察する能力が高い人の特徴5つ

ライフスタイル

「また今度こちらから声を掛けますね」。あなたは、この言葉をどう読み取りますか? このように「行間を読む」のは、とても難しいですよね。今回はそんな力を養う方法を、心理カウンセラーの高見綾さんの教えてもらいます。

「行間を読む」ということは、なかなか難しいものです。同僚などから「行間読めないよね」と言われて、どういう意味なのだろう? と戸惑った人もいるかもしれません。

そもそも行間を読むとはどういう意味で、仕事で行間が読める人とはどんな人なのでしょうか。また、そんな力を養う方法についても紹介します。

「行間を読む」の意味。「空気を読む」との違いは?

では、始めに「行間を読む」の意味や、使われ方について詳しく見ていきましょう。

「行間を読む」とは?

行間を読むとは、「文章には直接表現されていない筆者の真意をくみ取ること」をいいます(出典:『デジタル大辞泉(小学館)』)。

一般的には、文章だけではなく会話においても、「相手が言葉では明確に表現していないけれど、伝えたいと思っている意図をくみ取る」という意味でも使われます。

例えば、気になる相手をメールで食事に誘ったとします。すると、「お誘いいただきありがとうございます。せっかくなのですが〇日は先約があり難しいです」と返ってきました。

「それならいつがご都合よろしいですか?」と聞くと、「当分難しいので、時間ができたらこちらから連絡しますね」と返信があったとします。

ここから行間を読むと、相手には「その気がない」ということになるかもしれません。このように、相手の気持ちを察することをいいます。

「空気を読む」とは違うの?

類語として「空気を読む」がありますが、これは「その場の雰囲気から状況を推察する。特に、その場で自分が何をすべきか、すべきでないかや、相手のして欲しいこと、して欲しくないことを憶測して判断すること」を意味します(出典:『デジタル大辞泉(小学館)』)。

つまり「空気を読む」は、その場の状況や雰囲気・相手の表情などが情報源になり、「行間を読む」は、文章や言葉・会話が情報源になります。

仕事で「行間を読む力」がある人の特徴

「行間を読む」の意味は分かりましたが、実際に「行間を読む力」がある人はどんな人なのでしょうか? 仕事上で見られる特徴を紹介します。

(1)少ない指示でも動くことができる

上司や先輩がざっくりとした指示を出したとしても、何を求められているのかを的確に把握して、期待通りもしくはそれ以上の仕事をします。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ