無料の会員登録をすると
お気に入りができます

勘がいい人の10の特徴

ライフスタイル

生きていく上で、大切なこと。それは「勘がいいかどうか」。勘がいいことで、余計なトラブルに巻き込まれず、人生をうまく歩んでいくことができると人気コラムニストの浅田悠介さんは言います。では、どうすれば勘が良くなるのでしょうか?

ここからは勘がいい人になるためにおすすめの習慣を解説します。手を付けやすそうなものから始めてみるのはいかがでしょう。

(1)自分の感情からいったん離れる

優れた勘は、穏やかな心でこそ働かせられます。

つまり「自分の感情の中に漂うのをいったんやめる」ということが必要です。自分のことばかり考えていては、周りのことを考えられないからです。

(2)周りを観察する

兎にも角にも観察です。

勘を働かせるための判断材料は周りにあるのですから。目をキョロキョロと動かして(怪しまれない範囲で)眺めてみましょう。世界は情報の宝庫ですよ。

(3)人が何を求めているのかを考える

そして「この人が求めているものは何だろう?」と考えてみましょう。

恋人かもしれませんし、連休かもしれませんし、コップ1杯の水かもしれません。これは他人に対して想像力を働かせるということです。

(4)人生にアクションを起こす

自ら動いて、いろんなセンスを取り入れるのです。

行動を起こしましょう。一人で飲みに行くのでも、美術館に行くのでも、友達に誘われたイベントに行くのでも構いません。

(5)本を読む

読書も効果的です。手っ取り早く、濃いインプットができます。特に本は、他人の深い思考を学ぶことができますよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ