無料の会員登録をすると
お気に入りができます

力を合わせて…彼を「実家に連れて行く時」の注意点

恋愛・結婚

交際も長くなってくれば、彼を実家に連れて行くようなタイミングもあるでしょう。

なるべく穏やかに、そしてお互いにいい印象を抱くようにするためには、最低限気に留めておかなければいけないことがあります。

男性の経験談をもとに、注意しなければいけない点をご紹介します。

仕事について詮索させない

「先輩の仕事を手伝うためにいったん休職した時期。時間ができたので彼女の実家に挨拶に行くことに。そこで、新しい仕事について根掘り葉掘り聞かれて……。ちょっと面倒くさかったです」(28歳/IT)

仕事についての話はデリケートな部分もあります。

慣れて関係性ができているのなら聞いても問題ないですが、早い段階ではプレッシャーに感じさせてしまうことも。

なので両親には、あまり詮索しないように伝えておくべきかもしれません。

盛り上がっているようでも時間は短めに

「彼女とは結婚を考えています。だから実家にお邪魔したときは、いい印象を持ってもらいたいので頑張ったんですね。話が盛り上がったのはいいんですが、それを見て彼女が安心したのかなかなか切り上げてくれなくて……。後半キツかったです」(33歳/内装)

男性もある程度流れを予想して、シミュレーションをおこなったり、提供する話題なども用意したりして、臨んでいるでしょう。

すると、前半は盛り上がるかもしれません。ただ、ネタが尽き、スタミナも切れてきます。

盛り上がっているようでも、あまり長居はさせないようにしましょう。

「ママ」など呼び方について

「彼女の家に初めて行ったときです。気になったのは、呼び方でした。両親のことを、“ママ”“パパ”と呼ぶんです。おまけに、自分のことも下の名前で呼んでいて、イメージになかったのでちょっと意外でした」(26歳/飲食)

彼への接し方と親とでは、やはり違いがあります。親の前ではつい素の状態になってしまいがち。

こうした名前の呼び方などは、違和感を覚えさせるところかもしれません。

悪い印象を与えるわけではありませんが、少し気に留めておくべき点だと言えるでしょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ