無料の会員登録をすると
お気に入りができます

脈ナシ判定はまだ早い!LINEを既読スルーする男性の心理

恋愛・結婚

未読・既読がわかるLINEは、好きな人が相手だと、返事が来るまでソワソワしてしまいませんか?

ゆっくり考えてくれているのは嬉しいことだと、ポジティブに考えてみるのも良いかもしれませんよ。

「無意識のペース調整」=今は脈ナシ

「すぐ返せることは返せるけど、なんとなくこの子とのLINEのやりとりが多すぎるなあ」

……女性とLINEをやり取りするなかで、そんな風に感じるときは返信のペースを落として調整をする男性もいるようです。

「返信を遅らせればLINEをしてこないだろう」というはっきりした拒否ではなく、本人に言わせれば「なんとなく」やっているだけなので、「もっと早く返事できるよね?」なんて相手を詰めるのは逆効果です。

仲良くなりたくて、出会ってすぐにLINEをハイペースで送る人もいますが、LINEの頻度に彼との温度差が生まれてしまうと「しつこいな」

……なんて思われてしまう可能性も。

相手の返信ペースに合わせてやり取りをしていくのが理想かと思いますよ。

「返しようがない」=これが続くと脈ナシになるかも

女子からのLINEの内容があまりにも自己完結した日記のような内容だと、なんて返事をすればいいのかわからない……。

そうこうしているうちに「見たのになんで返事くれないの?」と責められてしまった経験を持つ男性も多いようです。

ちゃんと読んでるし、できれば返事したい気持ちもあるけど「うん」や「そうだね」、「良かったね」しか返しようがない。

でもそんな返信じゃ「どうでもいいんでしょ?」って女性は怒るじゃん……。

そんな気持ちにさせてしまうのが、女子にありがちな日記のようなLINEです。

できるだけ彼が関心を持ちそうで、返事をパッと思いつくようなメッセージを送るようにすると良いかもしれませんね。

「返事が必要だと思ってない」=脈に関係ない

上のケースが「返事はしたほうがいいんだろうな」と思われているのに対し、そもそも「返事はしなくていいよね」と思っている男性もいるようです。

彼が、「LINEは約束や業務連絡をするツールで、会ったときに仲良く話せばいい」と思っている場合です。

彼は「あなただから返事をしない」のではなく、「誰に対しても、LINE上でのコミュニケーションに必要性を感じていない」という場合です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ