無料の会員登録をすると
お気に入りができます

コロナ後の新しい海外旅行、5つのトレンドと注目の国

旅行・おでかけ

2020年、新型コロナのパンデミックがもたらした影響はあらゆる業界に及びましたが、とりわけ旅行業界は甚大な損害を被ることになりました。これからの観光産業がどう変化していくのかを考えるのは非常に難しいことですが、良い材料がほとんどないなかで「トレンド」という明るい言葉を使って、「コロナ後の海外旅行、5つのトレンド」をできるだけ前向きに考察してみたいと思います。感染対策が第一ですが、国内のGo To トラベルキャンペーンも始まったところで、観光産業の「その先」に一足早く目を向けてみましょう。

トレンドその1┃安・近・短

2020年以降、当面の海外旅行はカバンひとつの「安い、近い、短い」が主流になりそう。小さな計画でどれだけ大きく楽しめるかはアイデアと考え方次第!
この傾向は2001年のNY同時多発テロの後など、以前も何度か指摘されたことがありますが、今後数年は一層この傾向が顕著になるでしょう。遠くまで出向いて、何かあったら帰ってこられなくなるという懸念が付きまとうからです。

今回のコロナ禍では欧米が最大の被害を出しました。ヨーロッパはEU統合の証しとも言える域内移動の自由を諦め、各国が国境を閉鎖する事態にまで追い込まれました。

すでにEU域内での国境移動は段階的に再開され、7月1日からは日本を含むごく一部の国に対して、観光での入国を認めている国もありますが、まだまだ情勢が流動的すぎてかつての自由なヨーロッパ旅行には程遠い状況です。さらにアメリカ方面は、感染が「止まるところを知らない」と表現してよいかもしれません。

当面の海外旅行は直行便を使って5~6時間程度までで行けるアジア方面が主流になるでしょう。

◆【これから注目の国】ベトナム

ベトナム最大の見どころと言われる、世界遺産ハロン湾。海上にそびえ立つ奇岩の間をクルーズ船で巡る。ハノイから日帰りも可能

日本から一番近い東南アジア、ベトナムは首都・ハノイから東京まで、風向きによっては4時間くらいで着いてしまう近さです。また夜行便にちょうど良い距離で(時差2時間)、復路は深夜出発して目覚めたら日本ですので、3日間の短い旅行でも現地で丸2日を確保できます。

ベトナム航空、全日空、日本航空に加えて、近年ベトナムのLCC「ベトジェットエア」も関空や成田へ就航しました。早期の通常運航再開が待ち望まれます! (往復航空券の目安、3~5万円)

ベトナムはコロナ防疫を概ね成功させた国のひとつです。7月5日までの人口10万人あたりの感染者数は0.4人、死者は1人も出ていません。比較までに、日本は同感染者数15.3人、同死者数0.8人となっています(ちなみに被害の大きいアメリカでは同感染者数864.1人、同死者数39.5人となり、イギリスでは同感染者数429.7人、同死者数66.3人、スペインやイタリアも近い規模の感染状況です。データは日本経済新聞サイトから計算、以下全て同様)。

現在、日本政府はベトナム、タイ、オーストラリア、ニュージーランドとの交渉を他国に先駆けて進めており、6月25日からはビジネスチャーター便もベトナムに運航されています。日本の感染状況が心配ではありますが、比較的早い往来の再開が期待できると思います!

トレンドその2┃健康

今後の海外旅行は、これまで以上に健康を意識することになりそう。健やかに生活を営むことの大切さをコロナで再確認することに
多くの人の健康への関心が高まることはコロナの必然的結果です。海外旅行においては、大気汚染で空が濁ってしまうような場所へは、いくら世界遺産がたくさんあっても人々の足は向かわなくなるでしょう。

人の動きが変わるということは、そこに商機も存在します。少し話がそれますが、コロナで壊滅的損害を受けた日本のインバウンド復興のカギは、この「健康」が一つのキーワードになるような気がします。

日本は世界一の長寿国として有名ですし(2018年WHOによる)、日本食が健康に良いことも世界に知られています。例えば「ヘルス・ツーリズム」のような形で官民挙げて世界にアピールできれば、そこにインバウンド回復へのひとつの道筋が生まれるのではないでしょうか。

◆【これから注目の国】タイ

タイは独特の健康法で女性にも人気の国です。タイ古式マッサージや、痛気持ちいいツボ押しのお店はタイの街中を歩くだけでたくさん見つけることができます。人々の生活のなかに根付いているからなんでしょうね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ