無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[週末なに観る?]美しい夏の風景に見惚れちゃいそう。今の時期にぴったりな映画を3本ご紹介します♡

エンタメ

長かった梅雨が明けて、いよいよ夏本番。今年は海に行ったり旅行をしたりと、例年のような夏の過ごし方は難しいかもしれませんが、せめて夏の映画を観て気分だけでも味わいませんか?

今回ご紹介するのは、今の時期にぴったりな3本。どれも夏の美しい風景が描かれていて、うっとりしちゃいますよ♡

旅するジーンズと16歳の夏

illustration by Sachiyo

生まれる前からいつも一緒のブリジット(ブレイク・ライブリー)、リーナ(アレクシス・ブレーデル)、ティビー(アンバー・タンブリン)、カルメン(アメリカ・フェレーラ)の4人組は、16歳の夏に初めて別々に過ごすことになった。(シネマトゥデイより)

世界中でベストセラーとなった小説『トラベリング・パンツ』を映画化した本作。あるお店で見つけたジーンズが、身長も体型も違う4人になぜかぴったりハマり、彼女たちはそれを“魔法のパンツ”と呼ぶことに。別々に過ごす夏のあいだ、順番に履き回してストーリーが進んでいきます。

メキシコでサッカー合宿に参加するブリジット、サウスカロライナの父親のもとへ向かうカルメン、祖父母が暮らすギリシャで過ごすリーナ、地元に残ってバイトをするティビー。ジーンズの魔法を感じた人もいれば、なにも変わらなかったと魔法を信じない人も。

それぞれの場所で転機となる出来事が起こり、その瞬間にジーンズが関わってきます。

なんとこの映画は、68もの場所でロケが行われたのだとか。灼熱の太陽を感じさせるメキシコの風景や、ロマンチックなムードが漂うギリシャの景色など、観ているだけで夏が感じられる映画です。

個人的に好きなシーンは、冒頭のジーンズのルールを決める場面。4人が秘密の場所に集まって、自分たちだけの決まり事を決定する4人が描かれており、女子ならではのワイワイした様子がたまらなくかわいいんです♡

中学・高校時代の友達と久しぶりに会いたいなあ、そんな風に懐かしくも思える作品になっています♪

TSUTAYA TV

君の名前で僕を呼んで

illustration by Sachiyo

1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と過ごす17歳のエリオ(ティモシー・シャラメ)は、大学教授の父が招待した年上の大学院生オリヴァー(アーミー・ハマー)と出会う。一緒に自転車で散策したり泳いだり、読書したり音楽を聴いたりするうちに、エリオはオリヴァーに恋心を抱く。やがてその思いは通じるが、夏の終わりが近づくにつれてオリヴァーが避暑地を去る日が近くなり……。(シネマトゥデイより)

こちらは、男性同士の恋愛を描いた作品。最初はオリヴァーのことをあまりよく思っていなかったエリオですが、自分の気持ちと葛藤しながらも彼に惹かれていくように…。友情を超越した、2人の関係性が言葉にできないほど素敵なんです。

北イタリアの景色、そしてエリオとオリヴァーの2人が美しすぎて、まるで絵画を見ているような気分にさせてくれます。全体的に淡いトーンのカラーで、みずみずしく、爽やかな印象。空の青、木々の緑、そして儚い瞬間を思わせるような“黄色”がポイントとなって使われています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ