無料の会員登録をすると
お気に入りができます

鬼テストしたら“鉄壁の生理ナプキン”見つかりました[脱・モレの不安]

ライフスタイル

生理中は腹痛と経血の不快感のダブルパンチでつらいですよね。少しでも生理中の不快感を軽減するには、吸収力の高い生理用ナプキンを選ぶことが大事です。そこで今回は、昼用ナプキン10製品と夜用ナプキン5製品をチョイスし、吸収力や肌触りなどを多角的に検証。オススメの最強生理ナプキンを決定しました!

擦ると表面がケバ立ち、後ろ側に液移りしてしまいました。

▼コンパクトさ

厚みがあって超パンパン! ファスナーが閉じられません。携帯には大きなケースが必要です。

大王製紙
エリス 新・素肌感(ふつう~多い日の昼用)羽つき 20.5cm 22枚
実勢価格:22枚×2パックで263円

20.5cm・羽つき・ふつう~多い日の昼用
素材:表面材:ポリエステル・ポリエチレン
色調:白

※Amazonリンク先はAmazonパントリー2パックセット

▼テスト結果

最大吸収量:25ml
吸収スピード:7.46秒
液戻り:1.95g、ろ紙通過枚数:9枚

最大吸収量
C


吸収スピード
C


濡れ感
C


液戻り
B-


横モレしにくさ
B


擦れにくさ
B-


コンパクトさ
B-

昼用ナプキン10製品のなかでもっとも全長の短い大王製紙「エリス 新・素肌感(ふつう~多い日の昼用)羽つき 20.5cm」が8位でした。
「吸収スピード」や「擦れにくさ」はイマイチなので、量の少ない日に使うのが賢明です。

▼最大吸収量

最大吸収量は25mlと、サイズに準じて少なめですが、人工経血が端までに染みずにとどめてくれるので安心です。

▼液戻り

液戻りは1.95gで、昼用ナプキンで4番目に多かったです。ろ紙通過枚数は9枚で、にじみも大きめです。

▼横モレしにくさ

端の切り返しで人工経血がとどまってくれました。

▼擦れにくさ

表面がややケバ立ち、後ろのほうに液移りしました。

▼コンパクトさ

やや厚みはありますが、幅はコンパクトです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ